人気ブログランキング |
ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
カテゴリ:Bonnie工具・ケミカル( 20 )
工具の買い換えKTC/DeeN
風邪が治らず2日連続でお休み中。。


最近買い足した工具のこと。

ずいぶんと長く使ってきた、ホムセン格安品のロングタイプのフレキシブルラチェットレンチ。
かれこれ5年くらいでしょうか。バイクに自転車にクルマにと、かなりのヘビーユースだったので、安物ってこともあり、そろそろラチェット機構が怪しくなってきた。
d0229598_15492730.jpg


で、買い換えたのはリジットタイプのKTCのロングラチェットレンチ と、フレキシブルタイプのDeeNのフルターンラウンドコンパクトヘッドスイベルラチェット。ともに差し込み角9.5sq.(3/8インチ)です。
d0229598_15503654.jpg


歳末セール中でかなりお安くなっていたので、買ってしまった。
両方とも、造形美も美しいです。しっとり手に馴染むデザイン。 同じくKTCのラチェットハンドルでショートとミドルサイズも持っている。

KTCは値段もまあまあ手頃だし、僕的には信頼性もあるのでラチェット以外にもレンチ類やヘックスなどを愛用しています。

フレキシブルタイプは垂直にラチェットハンドルを回せない場所などにはとても便利だけど、無理にトルクをかけて回すとボルトをナメてしまうことが結構あるので、垂直に回せるボルトには必ずリジットタイプを使用するようにしたい。最近はフレキシブルタイプだけでやっていて、ヒヤっとした事が何度かあったし。

d0229598_15512360.jpg


このDeeNのフレキシブルは、首振りの軸がソケット中心に近いので、角度のあるアプローチでも力の入れ具合が中心に向けて安定するのと、200度以上首が回り90度の位置ではソケット部とハンドルがドライバーのように一直線になるので便利そう。レンチそのものの耐久性はまだわからないが、なんとも発想が良いと思った。PS:昔のスナップオンに同じタイプがあったようです。


〜それぞれの個性
ラチェット機構に関しては、DeeNの方はギアが72歯で5ミリくらい首を振るだけでギアが入り締め付けを開始できるのでハンドルを振れる範囲が狭い場所には向いています。しかし、クリックギアが細かい分、耐久性がどこまであるか、お試しです。
一方、KTCのリジットのラチェットは、ギアが36歯で1cm近く首を振らないとラチェットギアが入りません。ギアが入ると「カチッ」と大きな手応えがあります。ハンドルを振るスペースが狭い場所には向きませんが、その分ギアの噛み合わせはしっかりしているので耐久性はありそうです。うまく使い分けたいと思います。


常用ソケットは9.5sq.(3/8インチ)
バイクの日常整備で多用するトルクでは、よほどのネジの固着が無い限りは差し込み角9.5sq.(3/8)のラチェットでいける。9.5sq.(3/8)はヘッドも小さいので狭いところも作業がしやすい。例えば17mmや19mm以上のボルトで、固着があったり30Nm以上のトルクを必要とする場合は、ひとつ上の12.7sq.(1/2インチ)の差し込み角を持ったソケット&レンチを使用した方が良い、と工具の専門家は申しておりました。

12.7sq.(1/2)のラチェット&ソケットは一応一式持っているので、今回は多用している9.5sq.のみ買い換えた。

以前のバイクやクルマの整備などで使っていて、たまりにたまった9.5sq~12.7sq.のソケットやらインチ工具、ビッグサイズレンチ達が入っている、あまり出番がないサブの工具箱。
d0229598_19521899.jpg


ボンネビル整備の常用工具のサイズは10.12.13.14.15.17がメインです。ステム周りや足回りに作業が及ぶと、19.22.24とサイズは上がっていきます。
その他スプロケットの取り外しやホイールの取り外しに使う、それなりのデカイソケットとレンチなどなど。

工具類はまとめて揃え出すと結構な出費が出るので、小銭を持っている時に少しずつ買い足すようにしています。特にこの時期は年末セールがあるので、いろいろ安くなっているので買い時です。冬は整備に時間を費やすことも多いので買い損は無いしね!

僕の工具箱の中で多用している工具メーカーは、

KTC(スパナ類・ラチェット類・ソケット・ドライバー・ヘックス・ハンマー)
Koken(ソケット)
DeeN(ヘックスソケット一式・ラチェットハンドル・モンキー)
東日(トルクレンチ)


が多いでしょうか。
後はホムセン格安モノがゴロゴロと。

DeeNというのは、工具専門店ファクトリーギアのオリジナルブランド(だと思うけど)
信頼性はよくわかりませんが、今まで使っていて不満を感じた事はないです。
このリンクDeeNがラスベガスの工具ショー「セマ・ショー」に出展した時の映像がありますが、結構な人気。でも「すごい」という前にアメリカ人の豪快な買いっぷりが笑えます(笑)


やはり高価な工具(スナップオンやPBなど)には手軽に手を出せないので、ファクトリーギアアストロプロダクツといったアウトレット工具専門店に並んでいる工具メーカーのお世話になったりしています。サンデーメカニック程度には、十分ちゃんと使えるものもありますから。

その中でもKTCはホムセンでも購入できるので揃えやすいといった感じです。
工具ってのは、いくつあっても「足りない!」って思ってしまう、男の道具です(笑)


■現在セール中の工具販売サイト

ファクトリーギア
Webike
i-TOOLS




Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-12-15 16:24 | Bonnie工具・ケミカル
ツールBOXをリニューアル
僕はツールボックス(工具箱)を4つ持ってます。
バカでかいスツール式を置く場所がないのもありますが、今まで増えたり減ったり繰り返し、いつまにか大小4つのツールボックスになってしまいました。

で、普段ボンネビルを整備するときには、ボンネで使う工具だけをまとめたミニBOXを使っているのだけど、最近これに工具が収まりきらなくなってきた。
d0229598_1757412.jpg


整備しているとグチャグチャになります。
そして引き出しも蓋も、閉まらなくなる。。。。

なので、1サイズ上のツールボックスを通販ゲットしました。
d0229598_17593523.jpg

ソケット・ラチェット類など
d0229598_1801923.jpg

スパナ・レンチ類など
d0229598_1805713.jpg

上室には常用ケミカル類や特殊工具など
d0229598_1812879.jpg


だいぶ余裕ができました。これで一目で工具の番号もわかります。

ま、こんなに綺麗なのは、最初だけですけど。。。

ボンネの整備には欠かせない、ヘインズのマニュアルには各ボルトのトルク値が書いてあります。
ぶっといマニュアルを持ち運ぶのは面倒なので、僕はトルク値のページだけコピーして工具箱に入れてあります。
d0229598_1845346.jpg

d0229598_1852475.jpg


工具は男の子にとっては宝物♪

僕は、むかしむかしの独身時代、二十歳頃でしょうか。
当時、付き合っていた彼女に、若者には高値の花であったが、1本だけ持っていたスナップ・オンのメガネレンチを、綺麗な木箱に入れて自分でラッピングし、彼女の誕生日に「これ、俺の大事なものだから」とプレゼントしたことがある、アホなモーターサイクルバカ男です。

彼女は笑顔で 

「わぁキレイな棒!ありがとう 

って言いながら、以後しばらく口を聞いてくれず。。。
危うくフラれそうになりました(汗)

自己満足は、時に他人を不愉快にさせてしまうようです。。。
みなさん、気をつけましょう!


でも所帯持ちになった今、スナップオンの工具は、独身時代よりも更に高値の花になったような。。。。。



■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


Twitter ID Bonne38



トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-11-28 18:11 | Bonnie工具・ケミカル
東日のトルクレンチを購入
やっと、という感じです。念願のトルクレンチを購入。

今までは、なんの確証もない「自分トルク」で整備していました。

エンジン各部の締め付けがデリケートなオイル周りのドレン類や、1年後の自分でやろうと思うユーザー車検などに対応するため、早く手に入れなければ!と思っていた。

メーカーを色々検討し、実際に工具ショップで手にとって確かめ、今回購入を決めたのは、こちらのトルクレンチ。

東日 MTQL40N モータースポーツ用トルクレンチ。プリセット型です。

d0229598_911287.jpg

d0229598_9124029.jpg


モーターサイクル整備の常用トルクをカバーします。同じMTQL40N でも、プラスティックハンドルとメタルがあるのですが、僕は汚れ、強度、コンパクトさからメタルにしました。

トルク範囲は5N.m〜40N.mと広範囲。
d0229598_912373.jpg



東日はトルク機器の国産専門メーカーで、プロダクトとしての信頼も高い(らしい)
まあお値段も定価はそこそこしますが、精密機器ゆえに仕方ありません。アフターケアも万全です。

d0229598_9132519.jpg


1本で広範囲なトルク設定が可能な分、カタログ表記の精度は+-5%ですが、出荷に伴う個体別の校正証明では+-3%前後と、かなりの精度で仕上がっています。質感もかなりしっかりしています。

d0229598_9145830.jpg


サイズがGood!

トルクレンチはサイズも大きくなりがちですが、これは40N.mまでカバーするのに普通のラチェットレンチと大きさは変わらない。モータースポーツ用というだけあって、狭いところにもヘッドを入れやすい大きさ。

d0229598_914712.jpg


僕のボンネ用の工具箱にも収まります。
d0229598_9233673.jpg


シリーズ専用のケースが付属です。
d0229598_9153441.jpg


このトルク範囲、5N.m~40N.mで、ボンネビルのエンジン周り、操作系、ブレーキ周りの軽整備は、ほぼ網羅できます。ボンネビルの整備書によると、10N.m以下のトルク設定がかなりあったので、5N.mから設定できるものを探していました。
フレームやホイール脱着となると、もう1サイズ上が必要になりますね。いずれ手に入れたいと思います。

東日はラインナップも豊富で、選ぶ楽しみもあります。

これで日常整備にもまた、精がでますよ!!





■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


クリック!ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-11-09 09:34 | Bonnie工具・ケミカル
ボンネビル対応のメンテスタンド
注:こちらの記事の内容は投稿時期(2011年10月)のものですので、この注意書き記入の今現在(2012年11月)では販売元の内容も変わっているかと思いますので参考にならないため該当本文は削除としました。

2012/12/19追記
記事記載のサイトでの取引において、複数のトラブルが発生しているようです。
2012年12/19現在で、お二人の方がこのスタンドを注文されて、長期に渡り未納、連絡の停滞などがおきているようです。以上のトラブルから、現在はこちらのサイトでの注文は避けた方が良いかと思います。

このブログにてこちのサイトへ注文され、現在同様の被害に合われている方々には、この情報を当時投稿した私からもお詫びいたします。大変申し訳ありませんでした。

また現在被害に合われた方からコメントを頂きましたので、コメント欄もご参照ください。
記事そのものは参考のためにも以下に記載残します。


ボンネビルやスラクストンオーナーは、バイクの後輪を浮かせてメンテナンスするには、僕のボンネの様にオプションのセンタースタンドを装着するか、ジャッキでリフトアップするしかないのですが、既成のバイクメンテ用のリアスタンドは、ボンネビルのサイレンサーに干渉したりと、ベストフィットなものが無かったわけです。

しかし、こんなスタンドがありました!(という情報)
d0229598_20263029.png


ボンネビル・スラクストン・スクランブラー対応!と明確に商品に銘打っているリアスタンドです。
Bike-Lift社製の『REAR STAND 17TB』という製品。

販売しているのはこちらのサイト

このページの2段目/左側の商品です。(ここでは色は青です)
価格は、€61.38(= 6,500円)。
なんと、10月26日(明後日だよ!)まで、日本への発送を含めて送料無料!とのことです。

ボンネビル専用と言っても良い作りのようです。

10月26日までに注文すれば、今まで無かったボンネのジャストフィットなスタンドが手に入る!しかも6500円!


これは買いだと思います!
が、僕はセンタースタンドつけてしまったので手遅れですが・・・



■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


クリック!ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-10-24 20:33 | Bonnie工具・ケミカル
車載工具を再考
昨日のroadmanboさんとのツーリングで、少々道路が割れ気味な峠道を走った。
僕のボンネビルはBRORAを少々硬めにセッティングしていたので、路上からくる振動をダイレクトに車体に受けた。たぶんそこが、最後の一撃だったのかも。

d0229598_18284522.jpg

今朝洗車した時に気がついたのだが、左右両方のパニアケースの、3点止め金具の1つが経年の金属疲労もあり割れてました(涙)
左右同時に割れるとは、道路事情に対してサスが硬すぎたのかな。。。

そしてやはり重量物を積み過ぎたのかもしれない。。生だこも積んだし。。

気がつけば、ごちゃごちゃに増えたパニアの中の車載工具がこんなことに。。
d0229598_18432195.jpg


これ、減らそう。。いらんモノも入ってる。

早速手持ちの別の金具で、強度を上げるためにパニアの位置(重心)を少し下げて金具を減らして再装着。
d0229598_18383443.jpg

広げたら、こんなに入ってました。。。。
d0229598_1847123.jpg


この他に消耗品のプラグ2本、テープ類、グリスとかもあり。。。
最初は少なかったのだけど、走りながらセッティングとか色々やっていたら、そのまま積みっぱなしで増えてしまった。どれもあったら便利なモノだけど、勇気をもって減らします。

で、厳選し、いろいろ入替え、こんな具合。
d0229598_1849036.jpg

プラスマイナスのドライバーはこんなんで兼用。
d0229598_18505943.jpg

消耗品はこれくらい。
d0229598_18523326.jpg


内容:ヘックスツール
   T字ビットレンチ(+ビット/−ビット/特殊ネジビット/ソケット2種)
   ハサミ
   ペンチ
   スパナ 10mm
   スパナ 12mm
   メガネレンチ 8mm/10mm
   プラグレンチ(ヘックス使用)
   携帯スケール
   ミニドライバー
   マグライト


基本、モンキーレンチは信用していない。。。痛い目に何度もあっているので。。


この車載工具でできることは。。。

ハンドル周りの調整/ブレーキAssyの調整/パニアの増し締め/プラグ交換/エアクリーナーの脱着/スクリーンの調整脱着/ヘックスを使った作業の全て。

などなど色々。ほんとは13mmスパナも積んでおきたいのだが、きりがないのでやめましよう。
基本的にはネジ類をヘックスに変え、なるべくヘックスレンチで作業できるようにはしている。

これで少しは軽くなったかな。。。




■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-09-25 19:08 | Bonnie工具・ケミカル
なめたネジを確実に回す!
マジメに便利グッズ。なので宣伝しちゃいます。
というか、僕が知らなかっただけかもしれんが。。

僕は今までで、フロントブレーキマスターシリンダーの蓋のネジを2回ナメました。。。
d0229598_2141875.jpg

1回目は写真のようにインパクトドライバーで叩きまくって、なんとか救出。

しかし、2回目はインパクトドライバーでも救出できず。。。。

ネジ山は完全に無くなり、蔵王のおかま状態。。。。。。。

で、しばらく途方に暮れていました。

さてどうしたもんかと、色々ねじ回しの工具を探すこと数週間。

見つけました優れものを!

東急ハンズ徘徊中に発見!

そして見事、潰れたネジをあっさり救出!

その名もズバリ!
ANEX なめたネジはずしビット
品番ANH2-066 /ステンレスネジ対応です!

d0229598_20394938.jpg

d0229598_20503323.jpg


これはすごかった。ほんとに気持ちよく外れた。その爽快感ったら(笑)
これ最初に開発した人、会ってお礼が言いたい(笑)
一家にひとつ、って思うくらい優秀な工具でした。

こっちは3本組。

ANEX なめたネジはずしビット3本組

d0229598_20511419.jpg


もう二度とナメないよう気をつけます。



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
by motor-moto | 2011-08-03 20:54 | Bonnie工具・ケミカル
プラグ交換グッズ。
僕のボンネは二次エアをカットしたので、プラグへのアクセスは楽になったけど、もともとボンネビルのプラグ交換はタンクを外さないでやるのは、普通のプラグレンチではスペースが限られていて結構大変。

でもやっぱり、プラグ交換やチェック毎にタンクを外すなんてメンドクサイ。

二次エアカット前から、僕のプラグ交換グッズはこれ。
d0229598_22503631.jpg


なるべく厚みの薄い、穴付きのプラグレンチと少し長めのヘックスレンチ。
別にヘックスじゃなくてドライバーとかでもいいかな。

d0229598_23154895.jpg


二次エアのチューブがあっても、これならプラグの初期ロックを緩める事ができる。
2~3cmくらいプラグレンチを回すスペースがあって、写真のようにわずかなストロークだけで一度緩めばあとは手でまわせる。レンチを回す勢いで、チューブやエンジン外壁に傷がつかないよう、軍手などで養生してあげた方がいい。

既製品で、プラグレンチにフレキシブルアームが付いている物もあるけど、レンチの厚みがありすぎるのと、フレキシブルとはいえ4方向にしか動かないので、この狭い空間ではなかなか思うような位置にこない。

僕は二次エアカット後の今も、このヘックスレンチのセットでやってます。
あたりまえの事だけど、緩める(外す)ときは反時計回し。締め込む(取付)ときは時計まわし。
回しすぎは厳禁!

プラグチェックはタイヤの空気圧やブレーキの状態と同じく、愛車の健康診断の最初の一歩。時々チェックして煤を金ブラシで落としてやると、バイクも自分も気分が良くなる。歯磨きみたいなものかな。虫歯が酷いようであれば、どっかに問題あり!

ベテランの方には必要ないことですが、あくまでビギナーネタで。
by motor-moto | 2011-06-17 23:19 | Bonnie工具・ケミカル
100均メンテグッズ
巨大歯ブラシ。

これ、シリンダーフィンの掃除とかにすごい便利。
d0229598_21271212.jpg


オイルクーラーにも
d0229598_2128543.jpg


リアショックにも
d0229598_21283794.jpg


100均ってすばらしい。
by motor-moto | 2011-06-13 21:29 | Bonnie工具・ケミカル
ポリッシュ剤
バイクでも時計でも靴でも、磨くのが好き。
「乗る」喜び以外には、できれば一日中バイクを磨いていたい。
d0229598_20351296.jpg


とはいっても、プロ並みな特別な道具をいくつも使って磨いているわけではない。
雨の日は乗っていないし、まだ納車間もないので本格的な洗車はしてない。マメに水拭きして磨いているだけ。

乾いたボディを傷があったらこれまたテキトーなコンパウンドをかけ、最後にピカピカにする為に仕上げているのはこれ。
d0229598_19521996.jpg

オートグリム・スーパー・レンジ・ポリッシュ。
いわゆるコーティング剤。品物の説明は公式HPの文言に譲るとして、タンク、フェンダー、サイドカバーなどの塗装面に使っている。とにかく使いやすく、手軽に被膜をつくり、ツルッツルのピッカピッカになる。紫外線や酸性雨からも塗装面を守る。(らしい)
通常のワックスと同じく、軽く柔らかい布やスポンジで塗り込み、乾いたら布で拭き上げるだけ。
僕は着なくなったの綿100%の白いTシャツを使っている。
ボンネビルはフレームとFフォークのアウターもブラックペイントなのでここにも使う。ピカピカになる。特にフレームとホイール、タイヤを綺麗に保つと、8年前のバイクでもすごくキレイに見える。



エンジンのクランクケースや、マフラーなどの熱を持つ部分と、ガラスなどにはこれ。
d0229598_2015453.jpg

ご存じCRCのシリコンスプレー。
発熱部分にも使え、滑らかな被膜を作り出すので、磨きというよりは汚れたときに落とすのが楽。
こいつはほんとに万能で、時計のガラスやメーターガラスにも使える。
クラッチケーブルなどのメンテにも使用する。



スイッチボックスや電気部品のコード、メーターケースなどの黒い樹脂パーツやゴムにはこれ。
d0229598_20234199.jpg

カーメイト・カービューティ PRO の樹脂保護ツヤ出し剤。
白っちゃけた黒はよろしくない。黒いもは深く黒く。これだけでだいぶ見た目が違うのだ。
ポリなにがしとか色々あるからなんでも良いのだけど、これはツヤが派手すぎず、しっとり保湿しているくらいな感じでいい。そして嘘くさいほどにすぐ光るようなケミカルっぽくないので、なんとなく成分がパーツに優しい気がする。タイヤのウォールにも使える。

基本、ボンネビルの磨きにはこの3つがメイン。そろそろアルミ無垢の部分に花咲なにがしを使ってみたい。できればいつもキレイにしていれば、オイル漏れや不具合にも気がつきやすい。
d0229598_0124030.jpg


毎日こうってわけでもないけど。。。。


今日はチェーン洗浄してメンテした。
チェーンルブはこれ。
d0229598_2095380.jpg

WAKO'S チェーンルブ。良いのかどうかは知らないが、浸透性で飛び散らないのでGOOD。

その他、エンジンの冷却フィンの汚れには、割り箸に布巻いてゴシゴシしたり、手の届かない隙間はエアダスターで吹っ飛ばしたり。
いつかコイン洗車場で、丸1日かけて洗車&磨きあげをやってみたい。

ジャッキ買わないとなー。



by motor-moto | 2011-04-27 20:35 | Bonnie工具・ケミカル
ボルトフェチの整理整頓
僕の愛すべき相棒達。カスタムやメンテナンスには欠かせない汎用ボルト類はホームセンターで購入した仕分けボックスに整理整頓している。
d0229598_21312077.jpg

少し前まではボルト・ナット・ワッシャーなどそれぞれバラバラのボックスに入れていたが、使用により数が減ってきたので一纏めにした。

1ヶ月後には-----
d0229598_17265689.jpg

こういうツールを宝石箱のごとく大切にするってのは、男の子にしかわからないだろう。

今日はホムセンで安物だが作りが結構しっかりしているラチェットセットを買った。
d0229598_2134561.jpg

KTCのようにナットの角あたる部分を丸くクリアランスをとっているもの。手のひらサイズで小さく、サイズもボンネビル整備に適した番号だった。



by motor-moto | 2011-04-03 21:34 | Bonnie工具・ケミカル