人気ブログランキング |
ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
グリースあれこれ for ボンネビル
ひとつ前の記事で、メンテで使っているグリースの話をしましたので、現在僕が使っているグリースのことを少々。


僕のボンネビル整備では、だいたいこれらのグリースでやってます。色々ありますが、用途がダブっているものもあったり。。。まだまだ試行錯誤です。
d0229598_21111425.jpg



二硫化モリブデングリース
d0229598_21121550.jpg

強い圧力・高温に耐えるグリースです。

使用箇所:
新品プラグのネジ山
ブレーキキャリパーボルトネジ山
ほか


主に高トルクや高熱になるボルトのネジ山にカジリ防止で塗布しています。
一応、ブレーキパッドの背面に塗布して鳴き留めとしても使える。



スーパーゾイルグリース
d0229598_2112537.jpg

成分:リチウム石けん基グリース

使用箇所:
アクスルシャフト
リアサス上下リンク
レバー類
ペダル類


オールマイティなグリスなので、基本どこでも使えます。粘度がかなり高く、油膜の長期耐久性に長けていると思います。また防水性も非常に高くベアリングにすり込むグリスアップやエンジン組み上げ、ブレーキ関係にも使用できるそうです。これは1本あれば絶対に損は無い汎用性です。半透明色。



スーパーゾイル ラバーグリース
d0229598_21133688.jpg

成分は「特殊成分配合」というなんとも曖昧なメーカー説明(笑)その特殊なにがしが何なのか知りたいのだけどね。。。粘度は少し柔らかめです。

使用箇所:
スロットルホルダー摩擦部分
スロットルスリーブとハンドルバーの摩擦部分
フロントフォークインナーチューブ+シール
ゴムパッキン類の補助


ラバーグリースということで、金属とゴムの接触、プラスティックの接触などに使用可能。金属と金属でも使用可能です。粘度が柔らかいのでオイルシールやOリングなどの密閉補助にも使えます。そしてブレーキオイルと同系統の成分だそうで、マスターシリンダーカップのオイル漏れ防止などにも使えます(かといって、塗装面を攻撃するような事は無いらしい)色はピンク色。

先日、バイクのホイールハブ・ピボット部のゴムシールと金属スペーサー部分へのグリースアップは、上記のゾイルグリースとこのラバーグリースとどちらが良いのか?防水性も考慮したうえでご指導願いたいとメーカーに質問したら、そのピボット部にはラバーグリースを使用してくださいと回答頂きました。
金属vsプラorゴム、もしくはゴム同士、プラ同士は、このラバーグリース。金属vs金属ならゾイルグリース、と使い分ければ良いと思ってます。



WAKO'S スーパーシリコングリス(耐熱ブレーキグリース)
d0229598_21142819.jpg


ブレーキ周りのパーツ全てに利用できるグリースです。

使用箇所:
パッド背面(鳴き留め)
パッドピン
キャリパーピストン
ピストンシール

シリコン系なので、パーツに優しく基本万能と考えて良いかと。粘度が低く伸びが良いので手軽に使えます。僕はブレーキ周りは現在は全てこれでやっています。現状ブレーキが鳴くことは一度もありません。色はホワイト。塗布箇所がちょっと目立つのが難。



南海部品シリコングリース&カップのシリコングリース
d0229598_2115285.jpg

d0229598_21155673.jpg

基本的にはフツーのシリコングリスです。一応耐熱性があります。
色が無色透明なので、僕はオイルシールの密閉補助に塗布したりしています。
でもこれも、上記のスーパーゾイル ラバーグリースでできる事でもあります。


Permatex 接点グリース
d0229598_21175524.jpg

電機部品の接点に塗ります。接点確実性の回復とコネクターなどの防水防塵効果があります。

使用箇所:
プラグ電極とプラグキャップ
電気部品のコネクター・カプラー内部


Permatex スレッドシーラント
d0229598_21162516.jpg

グリスとはちょっと違うシーラントです。主にオイルラインとなるボルトなどのオイル漏れ防止でネジ山に塗ります。あまり出番はありませんが、テフロンテープが巻きづらいネジなどには使います。



スーパーゾイルスプレー
d0229598_2121345.jpg

いわゆる万能スプレーです。基本的にはどこでも使えます。バイクをバラさないで、可動部各所へグリース塗布したいときは、これをプシューで終わらせます(笑)
追記:同社のスーパーゾイル(4stエンジン用)を、使い勝手向上でスプレー缶に詰め込んだものだそうです。

使用箇所:
クラッチワイヤー・スロットルワイヤーのグリス注油
リアサスのダンパーロッドとシールの間
キャブレターのスロットル周りの可動部
ペダル類のリンク


基本的に、例えば「CRC556」とかでプシューっとしていた所に同じように使えば良い感じです。

ゾイル製品全般そうですが、商品コピーにもなっているように「金属表面改質剤配合」ということで、油面による単なる潤滑効果だけではなく、金属表面の細かいスラッジを化学反応でならし、最終的にはメタルの被膜にしてしまうというモノらしいです。とりあえず、そういう「セールス文句」には騙されておきましょう(笑)スプレーの割に粘度が高く、ダラダラ垂れたりしないので使いやすいです。



スーパーゾイルチェーンルブ
d0229598_21214774.jpg

商品名こそ変えていますが、基本的には上記のスプレーと似たようなモノかと。。。
チェーンルブということで、シール類などに優しく調整してあるのでしょう。まんまですがチェーン注油に使っています。チェーンルブは今までも色々試しましたが、少し前まで使っていたWAKO'Sのルブよりも飛散が少ないような気もします。無色透明です。チェーンだけでなく、普通の潤滑剤スプレーとして使っても問題ないでしょう。


この他に、まだ届いていませんが新たに仕入れたモノでは。。。


マキシマ・ウォータープルーフグリース
d0229598_21222056.jpg

ベアリングやピボット部へ塗布する耐水グリースですが、ズーパーゾイルよりも粘度が低いものです。ネットでそこそこ評判良く、大容量で価格も安く、例えばステム周りなどにグリスを大量塗布する場合などは使いやすそうです。色はブルーです。安いのでちょっとどこかで試してみようかと。バイク屋さんも安価大容量ということで、結構使っているようです。実際、僕のボンネもこれがピボットに塗られていました。



Permatex ハイロマー耐ガソリン液状ガスケット
d0229598_21232821.jpg

燃料ラインに関わる箇所に使えます。僕は最近myボンネビルのガソリンコックのガソリン滲みが少し気になっているので、コックをバラして組み上げる際にコックのパッキンにこれを塗ってみようと思います。あとはキャブレターのフロートチャンバーシールへの塗布にも効果がありそうです。



と、色々ありますが、基本的にはグリスというものは、セールス文句はそれぞれにせよ、結果的には用途にダブりが出ますね。。。
メカニックや整備する人によっても、モリブデンや耐圧シリコンの使う種類さえ変わったりします。

どれが正解とは言えませんが、僕は、やっぱりグリースなので基本は「潤滑性」にあり、そこに「耐圧耐熱」が必要な箇所にはそれ対応のモノ、防水が必要な場所には防水性能がしっかりしているモノ、あとはその粘度によって柔らかい方が向いている場所、固い方が向いている場所など「作業上の使いやすさ」で使い分ける、といった感じです。なのでモリブデンじゃなきゃダメ!とかシリコンじゃなきゃダメ!ってことでも無いような。

でも全般的にシリコン系は、粘度の低いものから高いもの、耐圧耐熱性能、絶縁性能など、幅広いラインナップがあるので色々選びやすいです。

色々グリースに拘ってます!みたいなフリしてますが。。。意外とホムセンで簡単に手に入るお手軽な潤滑剤「CRCシリーズ」が、なにかと手を伸ばすと届く場所に置いてあったりするので(笑)それなりに出番があったりもします(笑)

d0229598_2255540.jpg

樹脂パーツ、フレームの艶出しには、これが一番!安いし!


実際に商品名や用途説明が違うだけで、中身は同じ、みたいなものも多いと思います。「鎮痛剤」という薬が「頭痛に効く!」ってのと「歯痛に効く!」ってのと、どっちも同じじゃねーか!のように(笑)多少は成分配合変えているのでしょうが。。。

グリースばっかりは、実際に使ってみないとわからんですね。しかもその実質効果を得るには時間もかかります。日々勉強です。

なにかオススメなグリースあったら教えてください。




Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

by motor-moto | 2012-01-13 21:44 | Bonnie工具・ケミカル
<< ボンネビル前後ベアリングをクリ... ボンネビルのメンテナンス・ステップ >>