ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
富士山へ。そして散々なラストラン。
週末が徹夜仕事に決まったので。。。

今日は休んでしまった。

夕方から一時雨模様だが、久々にワインディングに出かけてみることに。
朝っぱらからいつもの道志道へ向かう。
d0229598_2223648.jpg

AELLAのリアサスのワインディングインプレとして、フロント・リアともにダンピングを街乗り使用の「最弱」のままで道志道を走ってみる。平均コーナースピード60km~70kmのワインディング。

やはりこのままだとスポーツ走行には少し柔らかい。高速コーナーやS字ではブレーキングも加速も車体がちょいちょいうねる。

路肩に寄せてリアのダンピングを最弱から5段締める。フロントのプリロードもも2回転強く。

良い感じ。うねりも消え、狙い通りにラインどりをとれる。(腕が追いつかずオーバーラン気味なことも多々あり。。)
ノーマルサスの時の若干の不安感もなく、コーナーの速度も以前より上がっている。自分のペースには丁度よいところはこの辺かな?

時々、バンク中に「カリカリ・・・カリカリ」と音が聞こえる。

はて、なにか擦っている。。。

ノンストップで山中湖を抜け、御殿場を目指すが、途中「富士山須走口」の看板を発見。富士山五合目までいけるようなので、思い切って行ってみることに。
d0229598_255388.jpg

五合目目指して高度が上がるにつれ、空気が薄くなってくる。ぜんぜん吹け上がらない。キャブが苦しんでいるのがよくわかる。ジェット変更でガス調も濃いめだから、若干カブリ気味でブカブカと上がっていく。

国道から約10kmであっという間に富士山五合目。
d0229598_2149650.jpg

白い雲の壁が目の前に。
d0229598_2157795.jpg

本当ならこの向こう側に富士山が。みえない・・・。
d0229598_2152331.jpg

来た道をひたすら下って。
d0229598_21534039.jpg

d0229598_21552765.jpg

芦ノ湖スカイラインへ。
d0229598_2156030.jpg

ここで、先ほどカリカリしていたのを確認すると、案の定・・・
エンジンガードの底部を擦っていた。
d0229598_2265189.jpg

そんなにバンクさせたつもりは無いのだが、エキパイよりも下だから無理もない。
擦りすぎるとこの部分が無くなってしまうので気をつけよう。


続いて芦ノ湖畔で一休み。
d0229598_21575296.jpg

大涌谷へよりみち。
d0229598_215977.jpg

そして箱根ターンパイクへ。
d0229598_2159479.jpg

d0229598_2201968.jpg

d0229598_223924.jpg

d0229598_2234180.jpg


雲行きが怪しい。

このまま海岸沿いを西湘バイパスで平塚へ抜け、江ノ島経由で横浜まで戻る。

が、自宅まであと15kmくらいのところで突然の、

雷雨が。

ここで事件が。。

大げさでなく、ハンパ無いスコール!

前は全然見えないわ、路肩は雨水でプール状態。
ボンネビルのエンジン下部が浸るほどに大洪水に。。。
ヘルメットの中までびしょびしょ。写真撮る余裕無し!

頑張って屋根のあるところを探す。でも、無い・・・・。
ずぶ濡れで信号スタート時、突然のエンジンストール。
全くエンジンがかからない。富士山でカブリ、この雨の渋滞と水でカブリ、プラグが完全にダメになったかも。バイクは完全防水でないことを改めて感じる。

バイクを押して、路肩に寄せ、土砂降りの中でプラグチェック。カブッっている。
幸い予備のプラグを持っていたので、即交換。再始動。なんなくエンジンがかかる。

ついでにその場で一服。10分後に走り出すと、さっきの雨はどこへやら。

ドピーカンになっている。

あーむかつく。

ピーカンなのに、ずぶ濡れで帰宅。
クタクタのところに頑張ったご褒美が!

d0229598_22163956.jpg

これはもしや、英国よりはるばるやって来たバーエンドミラーでは!

疲れも吹き飛び早速取付に。
バーエンドミラーレポは後ほど。

前半は、それはそれは楽しいソロツーリングでした。
d0229598_2239166.jpg


本日の走行距離:すごいいっぱいkm
走行時間:10時間

ほんとに疲れた。。。


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-30 22:31 | ソロ・ツーリング記
ヘルメット洗濯です。
やってられない暑さでした。
考えてみればヘルメットの中は、僕の美しい汗でエライことになったでしょう。
ヘルメットは毎日洗うことは不可能だけど、洋服や下着と同じで、密閉空間なうえに地肌に触れているのだから、フツーに考えてもちゃんと洗わなくてはいけない。
d0229598_2012632.jpg

購入後まだ一度も洗っていなかったショウエイJ-FORCE 3の内装を引っぺがして洗濯。内装は簡単に外れる。
洗剤でジャブジャブに。
d0229598_2024374.jpg

子供のパンツと同じ扱いで干します。
d0229598_204749.jpg

これで明日からスッキリ。


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-29 20:06
はじめて
思いました。

「今日は電車にすりゃよかった」と。

d0229598_1943193.jpg

暑すぎ!

通勤途中、田園調布あたりの、変な店の前でグダグダになって一休み。
d0229598_19444384.jpg

釣り具もエサもいらないので、アイスだけ売っていてほしかった。



クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-29 19:48
朝練、的なサス試し
今朝は3時半に目が覚めた。。。
老人みたいだ。眠れない。そんなときは、いつも仕事に出る前にひとっ走りする。
早朝の街道は空いているから気持ちがいい。今朝は雨上がりで空気も洗われている。
自宅の近所のコンビニでコーヒーを飲みつつ軽く暖気。
d0229598_6521664.jpg

県道をしばらく走って世田谷通りへ。車がほとんどいない。いつもの通勤では3500rpm前後でシフトアップしているが、今朝は少し高めまで引っ張る。

4500、5000、前が空いている限りアクセルを開ける。
変えたばかりのリアサスペンションBRORAが効いてくる。
なるほどこの辺りの速度域になってくると、ノーマルとの違い、このサスのポテンシャルが手に取るように出てくる。一般街道の荒れた路面での緩いカーブでも、速度をキープしてアクセルONのまま抜けていける。スポーツ走行とまではいかないが、普段なら車体がギクシャクして乗り手に恐怖感を与えてしまう速度域。

楽しい!

これだけ楽しいと、それはそれは飛ばしすぎてしまう。

多摩川河川敷に着いたところで少し休憩。
d0229598_701080.jpg

d0229598_7215111.jpg

この多摩川沿いは時間があるとよく走っている。都会から少し離れて広い景色がドカンと抜けるここは、ゆっくり走っても気持ちが良い。

ここでAM4:30くらい。少し交通量が出始める。河川敷をひとっ走りして、帰りは国道246へ。
d0229598_763327.jpg

直線が続く246では、レッドゾーン付近まで積極的に引っ張ってみる。
エンジンはビンビンいっている。でも脚腰はなんの問題もない。今まで問題だったのは、車体の挙動による乗り手のビビリミッターだったのだが、それが無い。
d0229598_772866.jpg

d0229598_78934.jpg

ボンネビルって、こんなに速かったっけ? と思ってしまう。
d0229598_785953.jpg


変えたばかりのアエラ/リアサスペンションBRORAは、今朝の朝練ツーリングで更にお気に入りに。
今朝、心から、「サス変えて良かった」と思った。
高速域での不安が皆無といっていいほど無い。(飛ばしすぎはあぶないぞ)
d0229598_7183872.jpg

特にスポーティーなセッティングではない。プリロードは出荷時設定12mmで、ダンピングは最弱。路面を丁寧に追従し、それでいてしっかりコシがある。常に100km台で高速道路を連続走行するようなツーリングでは、ダンピングを3段ほど上げるだけで十分に感じる。

最高です。またまた楽しいボンネビルライフがやってきた。
さあ仕事に出かけます。


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-28 07:22 | ソロ・ツーリング記
風切りプレート&ヘルメットフォルダー
本日のリアサス交換のマジカスタムとは打って変わって、お遊びカスタム。
先週ナップスポイントで買った風切りプレート(ライセンスプレート?)を装着した。
この製品を取り付けるにはフェンダーへの穴開けが必要です。もちろん元通りにはできないので、勇気をもって挑みます。
まずは位置を決定。併せてドリルバリが出ないように保護用にマスキングを貼ります。
d0229598_21534160.jpg

本当は、フェンダーを外して穴を開けるのですが、ボンネのフェンダーはタイヤを外さないと取れないことが判明。いやだ、めんどくさい。なので、車体につけたままで。
勢い余ってタイヤにドリルがいかないよう、いつもお世話になっているマップル様に助けてもらいます(笑)
d0229598_21562614.jpg

ボンネ整備初の電動武器。
d0229598_21573333.jpg

それでは男らしく、ほれ!っといっちゃいます。
d0229598_21583213.jpg

全部で4つ穴をあけた。後ろの二つは丁度フェンダーの裏側に分厚いステーが来ていて、貫通するまでかなりかかった。マップル様のおかげでタイヤにも損傷なく貫通。サビ止めにウレタンのボディペンで切断面を塗装して乾燥。
d0229598_220733.jpg


で、取付の全体像。(四角いチビミラーは倉庫にあった余り物を試しに)
d0229598_2245101.jpg

d0229598_22131768.jpg

d0229598_2213635.jpg

バイクも全部真っ黒なので、結構違和感なく馴染んでる?
本来ボンネビル用に海外などで売っているものは、もう少しサイズが大きく、Fフェンダーの先端部分に取付る。でもこれはそれより少々小ぶりで、位置も少し後ろ。
文字入れはしないので、これくらい小振りな感じで正解かも。と、自分を納得させる。
でも 問題発覚
フロントサスが急激なブレーキングでフルボトムすると、ライトの下のレギュレーターにプレートの後ろ端が僅かに干渉した。小さな音で「キッ」って。あと2mmプレートを削れば当たらない。早速後で処置しよう。


そしてもう一つ。
今朝はアエラのリア・サスペンション初乗りかねて、近所のナップスへ。
朝っぱらの開店直後にも拘わらず、やけに混んでいる。なんで?
今日は全品10%OFF日でした。なるほど。
マフラーの排気漏れを埋めるパテを買いにきたのだけど、こんなものをついでに購入。
キジマ・ハーレー用ヘルメットフォルダー。
d0229598_21493220.jpg

本来はハーレースポーツスター等の35mmのダウンチューブへ取り付けるものだが、取付用のクランプを使わずにパニアケースに装着。
なんと、旭風防の左側パニアケースに付いている「ヘルメットフォルダー取付ポイント」と、ビスもロック用の穴もピッチがドンピシャ。これって業界規格なんか?

実は今まで、ヘルメットをフォルダーに引っかけて街中をイチャイチャ彼女とデートしている若者ライダー達に、

「あのな若者、単車乗りってのは、一人だろうが女の子と一緒だろうが、ヘルメットをバイクに置いてったりするもんじゃねーべいべー」

と豪語し、映画館だろうが渋谷のど真ん中だろうが、いつもメットは持ち歩いていた。

でも最近、ちょっとメンドクサクなってきた(汗。。。)
ちょっとくらいなら、置いてっちゃおうかなー・・・なんて。。。

若者達よ、どうもすみません。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-26 22:22 | Bonnieカスタム
FRサスセッティング
今日は朝7時から昨日取り付けたアエラのリアサスペンション・BRORAで実走した。
フロントのホワイトパワースプリングとの相性も含めテスト。
d0229598_1147196.jpg


■プリロード:上から12mmでロック
■減衰力/ダンピング:26段中の真ん中の13段
■フロント:ホワイトパワースプリング/プリロードを中間に。
■ライダー体重:60kg
■ガソリン :3分の1
■タイヤ:前後8分山以上

d0229598_11475586.jpg


目指すは、「お尻が痛くない」「乗りやすい」「コーナーリングで不安がない」こと。

まず乗車。若干ノーマルより沈み込みが浅い感じ。というか、既に車重である程度沈んでいる。
走り出し、特に大きな変化はない。
ノーマルとの違いなどをリニアに感じる為にいつも走っている道を往復する。

法定速度でフツーに走る。それなりのギャップ、それなりのカーブ、交差点、などなどを走る。
このセッティングでの最初の印象。「あきらかにノーマルよりコシがある。でも少し強いかも」という感じ。まだおろし立てで馴染んでいないこともあるだろう。
ギャップのクリアなどは「コンコンコンコン」と小刻みにぬけるが、少しショックが硬く感じる。
この中間セッティングだと、綺麗に舗装された道路や、少し飛ばし目なワインディングなどが丁度よい。しかし全ての道がそうではない。細かい段差や減速帯、凹んだマンホールなどはダンピングの戻りが速いので、やはりそれなりなショックはくる。で、一端セッティングを見直す。

サスセッティングをする時は、色々試すとわけがわからなくなるので、ひとつずつやる。
プリロードは車高も含めこれ以上下げたくないので現状でロック。
「コシの強さ」というか、踏ん張り感を適度にしたいのでダンピングを最弱のゼロ段にしてみる。

d0229598_12465492.jpg


先ほどと同じ道で再度実走。
路面の凹凸のショックをゆったりと吸収するようになった。ダンピングが最弱なので大きなギャップでは若干「フワっと感」はある。でもノーマルの「一度ゆれたらしばらくフニャフニャ」が無く快適。心地よくフワッとする。
フロントも弱くしてみようかな。

フロントはプリロードのみイジれるので、こちらも最弱に。

またまた実走。
全体的に柔らかめで、ギャップでのショックを前後ともに穏やかにできた。低反発クッションに座っている感じ。いつもならお尻を上げてしまうくらいの場所でも、そのままいける。しかし、ある程度速度が乗ってきて全体にもっと加重がかかってくると、これでは少しフワフワしすぎるかもしれない。とは言っても「飛ばしてるね」と言われるくらい出した場合だけど。

コーナーリングについて
ワインディングを走ったわけではないので、スポーツ走行については後日。

街中の交差点での印象は、「なるほど、すばらしい」の一言。

交差点手前で減速してフロント加重に。そのままエンブレ+ブレーキで惰性にて交差点に進入し、アクセルONで加速に入ると、今まではどうしてもリアの沈み込みや雑なダンピング、トラクションの谷間で、フロントが若干浮きぎみな感覚があり、少し不安があった。その為、リアブレーキを浅く踏んでリアにトラクションをかけて車体を安定させていたが、全部の交差点で律儀にそれをやっているわけでもない。

しかし、このBRORAにして同じように交差点を曲がってみると、減速によるフロント加重での低速コーナーリング時にもリアのダンパーがしっかり効いている感じ。速度が遅く、リア加重が少なくても後ろ足がしっかり路面を掴んでいるので、前も浮かないって感じ? 路面追従性が確実に上がっているというか、どう表現して良いかわからないが、一番不安要素が出る「減速と加速の谷間」にも、前後輪の接地感がしっかりしていて、浮き足だつことが無かった。
d0229598_12512853.jpg


今回はプリロードは手を入れていないが、街中や一般道ではスプリングの硬さの調整よりも、ダンパーのしなやかさ、素直さ、が重要に感じた。バイク、スプリングの挙動に対し、適度に無理なく引っ込み、素直に伸びること。

でも全体通して、体感というレベルでは「感じ取る」くらいにサスを意識しないと、「バイクはなんでも同じ」な人には、おそらくノーマルとの違いがわからないと思う。特に街中レベルでは。

d0229598_132773.jpg


よく、サスペンションを変えたことで「激変!別物!」みたいなインプレを聞くが、僕も含めて素人にそんなに「ビックリ」な変化がわかるものだろうか。。。。まあ飛ばしまくればわかるのかもね。。。。
ガソリンがエンプティ状態と満タンでは総重量に10kg以上の差があり、もちろんライダーの体重でもそのサスのスプリング特性を使いきらずにいる場合も多い。おそらくは80kg以上を対象に開発しているに違いない。僕は体重が軽いから、フロントもリアも最弱で良いのかもしれない。それでもボヨンボヨンしないので。

ということで、あくまで現状は、僕の場合スプリングどうのこうのより、ダンパーが重要と結論。
ノーマルはダンパー効果が全然ですからね。

昔(18年ちかく前だけど)、ネイキッドでオーリンズのツインショックを使ったことがある。その時のオーリンズは、普段使いには少し硬いと感じた。その代わり高速安定性は良かった。
ボンネでは他のサスを試した事がないので、僕はこのBRORAに満足。「攻めるため」みたいな偏った個性はない。

d0229598_12524549.jpg


でもあえてノーマルに大きな不満がない事を前提に比べて表現すると「更にライダーの為に乗りやすくできる」サスペンションと感じた。
「こういうとこ、なんとかなんない?」とか、「あそこの交差点をもう少し美しく曲がりたいんだけど」みたいなライダーの要望に「わかりました、これでどうでしょうか」と、ひとつひとつ答えてくれるサス。かな。

そこに関してはノーマルとの差はあきらか。普段の何気ないライディングが少しずつ上手くなっていくような感じ。

しばらくしてサスが馴染んだら、ワインディングに行ってみよう。
ワインディングでは、ダンピングを少し強めにしていくだけで、それなりに良い感じかもしれない。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-26 13:10 | Bonnieカスタム
AELLA リアサスペンション BRORA
さっきオイル交換の記事をアップしたばかりでしたが。。。
その数分後、こいつが届きました。
散々悩んだリアサスペンション。
決めたのはこれ。

アエラ製 BRORA ボンネビル用 VB-TR001(ノーマル長)

d0229598_18301729.jpg

ちょっとレンズが曇っててボケてますが。。
発注時、このブローラはメーカーバックオーダー状態で、届くまでに3週間かかった。
でも購入時ちょうどネット販売店でセール中で、約18%割引で購入できた。
まあこれを手に入れる資金の為に、泣く泣く手放した物も多いけど・・・。

なんと販売店から「本日発送しました」と今日昼過ぎにメールが来て、その4時間後に届いた。ま、近いってこともあるんだけど、当日ってのはすごい。

ビチューボやオーリンズ、HAGONなど特性やルックスも含め色々悩んだけど、ブラックボンネに合いそうなルックスの落ち着き具合と「しなやか、コンフォートな味付け」という普段使いに適していそうなこれに。


待ちきれません。日が暮れる前に早速取付!

まずはノーマルサスペンションを外すので、久々のパニアケース無し状態。
d0229598_18372660.jpg


ジャッキもセンタースタンドもありません!
昔、ツインショックをジャッキ無しで換えた事は何回もあるのでなんとかなる!

ここからは必死。。

右側から外します。スタンド側にテンションをかけてサスを伸ばして車高を上げながら右のノーマルを抜く。左側だけで数分間耐えてもらいます。その数分の間にAELLAのBRORAを取付。
d0229598_1840475.jpg

同じ事を右側も。
パニアケースを戻して完成。
予想通り、ブラックボンネビルに馴染んでます。
シルバーのボディにガンメタのスプリング、ブラックのダンパーボディ。
d0229598_18413184.jpg

後ろから。
d0229598_18421211.jpg

んー馴染みすぎて、奥さんも換えた事に気がつかないだろうな。。。

ただ付けただけでバイクを揺らしてみた。それだけでもノーマルとは明らかに違う、そのしなやかな反応にビックリ。
おー、いきなり体感。

このBRORA(約ノーマル長/338mm)の出荷時のセッティングはプリロードが上から12mm開き。ダンパーが26段中の真ん中の13段目。とりあえずその状態で乗ってみたいと思う。
基本的にセッティングの優先順位は「ギャップでお尻が痛くない」がメイン。その次に「乗りやすい」最後に「快適なコーナーリング」でいこう。コンフォートってのは坐骨神経痛のオッサンにはとっても大事です。

取付後の車高。
d0229598_18461431.jpg

BRORAはスプリングが柔らかめなサス。
メジャーの実測ではこのプリロードでノーマル比10mm〜15mm車高が下がった。
でも見た目はあまり変わってない。跨った感じも足つきというか感覚にあまり差がない。
ショートバージョンのVB-TR002はもっと下がるんだろう。

真横から見ると、折角のBRORA見えません・・・・。
d0229598_18474127.jpg



小雨が降ってきたので実走インプレは明日に持ち越し。
いやー、嬉しい!
これでゆっくり眠れる。


AELLA アエラ/リアサスペンション

AELLA アエラ/リアサスペンション BONNEVILLE


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-25 19:13 | Bonnieカスタム
オイル交換2回目
本日はオイル交換の日。前回交換から3200kmほど。
事前に岐阜のノースウィングJCさんから取り寄せたEPL-PLO-TT/PL500・3%添加済を4リットル。K&Nのオイルフィルター。
d0229598_1624415.jpg

ドレンワッシャーはキタコからジャストサイズが出ている。
d0229598_1641771.jpg

廃油受けは、いつもはゴミ袋と古新聞などで自作しているが、たまたま倉庫に昔ミニクーパーのオイル交換で使っていたものがあった。
d0229598_166927.jpg

早速開始。
数分エンジンを暖めて停止、オイルが柔らかくなった良きところで13mmレンチでオイルを抜きます。ボンネのドレン口はサイドスタンドで角度がついても抜きやすい位置にある。すばらしい。
d0229598_1674360.jpg

初期抜けを終え、タラタラしはじめたらこの状態で20分放置。
d0229598_1685419.jpg

タラタラも無くなり抜けきったらオイルフィルタを外す。
K&Nのオイルフィルターは17mmレンチで外せる。不時着した人工衛星。。
d0229598_16101026.jpg

フィルター締まりを良くする為に、NewフィルターのゴムシールにNewオイルを塗り塗り。
d0229598_16111585.jpg

フィルターを装着。閉めすぎに注意。トルクレンチを持っていないのでレンチを短く持って「テコの力」を無くし、キツくなったら良し。
d0229598_16131933.jpg

ドレンワッシャーを新品に換えて。(左が使用済み・右が新品。あんまり変わらん)
d0229598_16141536.jpg

オイルを1リットルずつジョーロへ。
d0229598_1615496.jpg

注入!!エンジンガードがオイル注入口の真上なので少々邪魔です。。。
d0229598_16173964.jpg

で、前回はオイルを入れすぎた。ボンネの容量はフィルター交換時で3.8リットル。でも抜けきってない場合などはもっと少ない。大人なので学習します。3リットル入れたところで一端エンジン始動。エンジン停止してオイルが下がるのを待ちます。

その間、いつの間にか我が配偶者達がパパのボンネビルを集団スケッチしはじめています(笑)
d0229598_16194648.jpg


レベルウィンドウで量を確認して再度注入。
d0229598_16203998.jpg


今回は3.6リットル入りました。

ついでにエアフィルターを軽く掃除。フィルターボックスに戻った少量オイルをお掃除。
d0229598_16221988.jpg

d0229598_16225164.jpg

で、エアクリボックスのつけ根にパッキン割れを発見。この辺に年式の古さを感じます。
d0229598_16243237.jpg

現状は空気漏れなどは無いようなので、とりあえずビニールテープで目隠しして、近々ゴム塗料を塗ろう。

オイル交換終了。
次回交換キロ数を印字してフレームに貼ります。
d0229598_1635063.jpg


と同時に、スケッチ隊の絵が仕上がりました。


次男、小学4年生・作のボンネビル。
なかなか表現力豊です。テールランプとタンクパッドでボンネと一目でわかります。
エンジンが原チャリ並みですが。。。。
d0229598_16263146.jpg


次女、4歳・作のボンネビル。
はて、彼女の目には、ど派手なボンネに映ったようです(笑)
d0229598_16272185.jpg

長女は途中で脱落。性格が出ます。

ありがとう、我が愛する子供達よ。この絵は大事にするよ。

さてさて、あとは今日到着するはずのスペシャルパーツを待つばかり。
明日装着したい。楽しみ楽しみ。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-06-25 16:33 | Bonnieメンテナンス
気になるもの
これ、気になってます。
d0229598_2354574.jpg

いわゆる、クランクケース内圧コントロールバルブってやつです。
クランクケースからエアクリボックスへ伸びているブリザーホースの中間に入れる。

これは、ピストンが二つ同時に下がった時などにクランクケース内に発生する強い負圧を抜き、アクセルレスポンスの息詰まりを軽減、余計なエンブレを軽減、シフトの入りを良くするもの。(構造は炊飯器の蓋についている中の蒸気逃がしの弁と同じ。みたいな感じ?)
ボンネビル用ではアエラ製がポピュラーですが、このNAGがこのパーツの開発元。アエラの物もこのNAGのライセンスで作っているみたい。構造は同じで、NAG製は「ナチュラル」「スポーツ」「レーシング」とかにレベル別されているようだ。ナチュラルはなんとなく効果あり、レーシングはエンブレが全く無くなるらしい。やはり体感満足と実用性では中間のスポーツかな? NAGでもアエラでも、ホース取付系14パイであればどっちでも問題ないだろう。

これを装着すると、アクセルレスポンスが軽くなる代償に、「ドコドコ感」が失われるらしい。まあドコドコってのはピストンとクランクが必死に頑張って漕いでいるからドコドコと言うわけで、軽くなればトコトコになるんだから当然といば当然か。ブリザーはオイルカスの通り道だから、当然コイツも汚れるだろう。メンテはそれなりに必要そう。

でもノーマルマフラーでは既にドコドコ感は無いので、失うものは無いということでヒジョーに興味有り。高速型にしたスプロケの作用もあるが、1〜2速の吹け上がりというか、中回転付近の回転の上がり方に若干ストレスを感じる。

でも結構高額なので、いつか、ということで付けてみたい!
[PR]
by motor-moto | 2011-06-25 00:09
無駄遣い
仕事帰りにフラリとナップスへ寄った。別に買う物ないのだけど、ウエアやヘルメットなど物色しながら店の中をウロウロ。
で、子供みたいに「なんか買って帰らないと気が済まない病」が発症。

やってしまった無駄遣い。。。。

d0229598_1943799.jpg

WM製 ライセンスプレート?っていうのかな?3900円(安!)
ポイント差引で約1000円で購入。
国産パーツが多いナップスで買えるものなんて、店中歩き回ってもこれくらいしか無いのだ。。。

とりあえず、どんなもんか、テープで留めて置いてみた。
d0229598_19461163.jpg

もーちょっと前方になればいいのになあ。。ま、1000円ですから。
ほんとうは、こういうのをガチャガチャ付けるのは、あまり好きじゃないのだけど、なんだかボンネだったらいいかなぁーと。。。そして文字入れせずに真っ黒のままなら、バイクも黒いし、あざとくないかなぁーと。。。(じゃあなんの為に付けるんだよ・・・)
ま、付けてみて、しばらくして「やっぱやめときゃ良かった」ってなるかもね。そしたら外そう。

WM製は、カラーが半艶ブラックで、ちゃんとフェンダーステー避けの凹みがあります。ポッシュ製はカラーは艶消しブラックで、フェンダー避けが無い。
d0229598_19491277.jpg


実際に取り付けるにはフェンダーに穴開け加工が必要。この年代のボンネはスチールフェンダーだから、穴開けも一苦労です。ドリルはあるので週末にでもやってみよう。

フェンダーに穴開け!だと、元通りにならないので結構覚悟がいりますが、自分、そういうのは「やってしまえ」って性格なのでへっちゃら。色もブラックだしキャップで穴埋めすれば全然目立たない。それにFフェンダーはもともとステーの為にいっぱい穴が空いているから、3つや4つ新たに空いたところで大差無し。

今日は朝5時半に家を出て、仕事場近くで7時開店のスタバでまったりしてから仕事に出た。
ボンネを眺めながらのコーヒーはうまかった。
d0229598_19581637.jpg

[PR]
by motor-moto | 2011-06-24 20:02 | Bonnieカスタム