ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
<   2011年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
ボンネビルを空から
ボンネビルを普段見ない上から目線で見てみた。
素敵だ。ボンネビルはほんとに美しいバイクだ。
d0229598_2335333.jpg

やっぱりパニアって結構出っ張ってる。
d0229598_234385.jpg


だからどうだってことは無いんだけど。

このドラッグバー、ノーマルハンドルより乗りやすい。(僕は)
ライザーがノーマルより1cm高く、ハンドル自体も結構手前に引いてあるタイプなので、全然前傾じゃないし、すごく自然なフォームで乗れる。大変気に入った。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-30 23:08 | Comments(2)
ドラッグバーからドラッグバーへ
先日取り付けた、友人のお下がりのドラッグバーが少々ポジションがきつかったので、もう少しワイドで手前にくるデイトナ製に変更。

ちなみにこちら変更前。
キジマ製ドラッグバー。(760mm)
d0229598_20512840.jpg



で、変更後。
デイトナ製 ワイドドラッグバー(790mm)

DAYTONA デイトナ/ワイドドラッグバー

DAYTONA デイトナ/ワイドドラッグバー 汎用


d0229598_2048201.jpg

サイドシルエットもぐっと低く、ハンドルが手前に。
d0229598_2048535.jpg



比較図。半透明が変更前のキジマ。(見えるかな・・・)
d0229598_213118.jpg

これだけで全然違う。手首が楽になった。

ハンドルネタが長すぎました。ここらで落ち着くでしょう。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-05-29 21:07 | Bonnieカスタム | Comments(0)
ストック素材の整理
雨です。降りまくってます。
バイクも磨けないこんな日は、在宅ワークに励みます。
以前整理に使っていた小物入れ(ボルトやゴム類)がいっぱいになったので、更に大きさを変えてグレードアップ。

d0229598_20245030.jpg


愛するボルト達。
d0229598_2026612.jpg

d0229598_20294335.jpg

愛するスペーサーやゴム類達。
d0229598_20273492.jpg

d0229598_20301660.jpg

d0229598_20304885.jpg

ジェット類・その他部材などなど。
d0229598_20315640.jpg

d0229598_20322854.jpg

潤滑・ケミカル・塗装関係。
d0229598_20333014.jpg

取り外した純正部品達の部屋。ビニールで小分けして収納。
d0229598_20342748.jpg

ハンドル達。無駄に傷つかぬように、ラップして吊した。
d0229598_20355559.jpg

そしてボンネ用の工具達。
d0229598_20365742.jpg

その他重量系工具達。
d0229598_20373459.jpg


以上、僕以外、誰も楽しくない自己満足な写真だらけの日記。
ほんとに満足なんだから。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-29 20:40 | Bonnieメンテナンス | Comments(4)
思い出のバイク達
今こそ、トライアンフ・ボンネビルという味わい深いバイクに乗っているが、これまで色んなバイクを乗り継いできた。そのカテゴリーは様々で、その時々で楽しければオッケー!なのりだった。

僕の父親がモトクロス好きで、幼い頃から週末になるとモトクロスかツーリングかラジコンづくりかという感じだった。

思い出す限り、今までのバイク達。

僕のバイク人生は、小学校3年か4年のころ、ホンダCR80から始まった。
バイクと言えば2ストロークで、ガソリンはオイル添加の混合仕様だった。
小学生ながら、日曜日に川原のコース脇で、計りに入れたオイルとガソリンを、父親が「よし」というまでシャカシャカと混ぜていたことを覚えている。


CR80。アクセルがビリビリ振動がすごくて、くすぐったくてしょうがなかった。
埼玉県の桶川・ホンダの飛行場脇とかのコースで走っていた。
d0229598_21492789.jpg

RM250。 125を少し乗ってからこれ。「じゃじゃ馬」と呼ばれたバイク。まともに乗れてなかった。長野のマイク真木氏のコースや、富士山のふもとの自衛隊の戦車が横切るモトクロスコースで走った。高校2年に、サンデーレース中、テーブルトップで4台どもえのジャンプを失敗し脇へ落ちる。太ももがバイクの下敷きになったまま着地。足を15針くらい縫う事故をやってモトクロスをやめた。根性無し。
d0229598_21493782.jpg

NSR50。16歳で公道デビュー。ロスマンズカラー・4本だしチャンバーでデュアルヘッドライトの8耐仕様に。メットはスペンサーレプリカにしていた。検問で捕まること何回も。排気音検査で呼ばれた鎌倉警察署で、検査に立ち会ったミニスカの婦人警官に勝手に恋をした(笑)
d0229598_21495144.jpg

モンキーR。友人とNSRと交換。コブラのマフラーと少しボアアップしていたと思う。うるさいだけで超遅かった。
d0229598_2150449.jpg

TT250逆輸入。中免デビュー。父親のおさがり。当時珍しい逆車。重たいが速かった。
d0229598_21501567.jpg

TZR 250R 後方排気。YSPに行った時にシートカウルが外された状態を目撃。そのチャンバーの美しさに一目惚れ。でも決して早いバイクではなかった。改造は無し。Lucky Strike/コシンスキーレプリカにして乗っていた。平忠彦のTECH21、ケニー・ロバーツにも憧れていた。友人の、伝説のレプリカ88NSR、片持ちのVFRとかに軽く置いて行かれる。
d0229598_21503086.jpg

RG Γ。どこかのバイク屋でポンコツを買って手作りカスタムしていた。うるさかった。
d0229598_21504154.jpg

GSX 400インパルス。スーパーバイクのウェスクーリー、シュワンツに憧れ、400ながらフルカスタム。前後サス・マフラー・FCR・足回り・最後は長期出張時にハゲタカにされてさよなら。
d0229598_21505437.jpg

SRX 400。オーバーレーシングの2本だし。シングルカスタムの定番仕様。
d0229598_2151870.jpg

Z400FX。知り合いのポンコツを譲り受けた。何も手を入れずに乗っていた。機械音が激しく、いつも壊れている印象だった。
d0229598_21512288.jpg

TT250国内仕様。バイクから少し離れていた頃に購入。フライフィッシングを趣味にし始めた時に、その足に。ワンメイクのエンデューロレースにも出た。
d0229598_21514749.jpg

V-max。大型デビュー。何はともあれ大きいのを、と。でも身体に合わなかった。
d0229598_21564645.jpg

フォルツア250。通勤快速。マフラーだけジェントルなものに変えた。楽ちんで気に良いっていた。
d0229598_21521290.jpg

現在のボンネビル。巡り会いです。
d0229598_23481813.jpg




公道デビューが王道のNSR50で始まり、峠の楽しさをレプリカブームの中TZR後方排気(遅かった)で満喫し、このセパハン仕様で高校2年の夏休みに北海道一周もした。

GSXインパルスもネイキッド400ブーム真っ盛りの時期で、浦安のスガノレーシングでワンオフパーツだらけのコンプリート車を作ってもらい、毎週土曜日に第三京浜に走りに行って、保土ヶ谷SAでビックバイクを指をくわえて見ていた。

オフ車もやはり身体に馴染んでいて、キャンプや釣りに出かけた。
SRXも有効無効含めてバカみたいにカスタムしてた。

V-maxは、昔友人が乗っていて、えらく速かったのを覚えている。大型をとって最初に少し乗った。ホワイトパワースプリングをこれで経験。でも僕には手に余るバイク。使い方が良く分からなかった。デカイだけで見た目に趣が全く無いエンジン。ので、短命に終わる。で、ボンネビル。
他にも何か乗っていた事があるような気もするけど覚えていない。スクーターも時々。

ボンネビルは、SRXの時のような、「自分で手を入れられる隙間」があるバイク。車にも言えるが、最新式のエンジンルームはカバーに覆われて何も見えない。でも昔乗っていたシビックRSや、ミニクーパー1000などは、オイルが漏れれば見えて、ボルトが緩めば音がして、それらに手が届いた。

ボンネビルでそんな青春時代をカムバックさせている自分です。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-28 22:08 | Comments(0)
やるからには思い切り
なんだこのビキニカウルは。

もうビキニじゃないな。。。By RAT UKのサイトより
d0229598_23393682.jpg

でも中途半端にミニスクリーンつけて、胸への風は減ったけどその分全部、顔面に食らうならイヤだ。

だったらこれくらいイッテやれ! って思ったりする。

このデカさ、BMW likeなデザイン、ある意味嫌いじゃない。

とにかくネイキッドで高速は、向かい風が・・・。
どんだけ高速性を上げても、バイクより先に自分がヘコたれる。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-27 23:42 | Comments(2)
リア・サスペンション選び
さあどうしよう。
次のお小遣いまでに決めなくては。

一番ほしいのは実はこれーー。
アエラ製 BRORA サスペンション
d0229598_15135493.jpg

しかし現状予算オーバーなんです。
他の物全部我慢してこれにしようか。。。色々売り飛ばして資金作ろうか。。。

で、これ買えない場合という注釈付きで。
(ここまで後から追加書き込みです。。。)

性能も大事、でも見た目が命のボンネビルは、同じくらいデザインも大事。
予算的に絞り込んだ候補比較としては。。。。
★印はノーマルが★ひとつに対して。。。

■ビチューボ:
クロームorブラックスプリング
d0229598_23484769.jpg

性能:★★★☆☆
デザイン:★★★☆☆
値段:国内=54,000円前後
OH:国内対応
保証:??
原産:イタリア製


か、



■ヘイゴン:
フルカバードタイプ
d0229598_2359288.jpg

性能:★★☆☆☆
デザイン:★★★★★
値段:国内=48000円前後 / 個人輸入=23000円前後(送料6000円前後)
OH:不可(消耗品??)
保証:2年間走行距離無制限
原産:イギリス製

予算的にもこの2つかなーと。
おそらくは殆どの人がビチューボを進めるのだろうなあ。調整機構も充実していて、少し試乗したけどとても良かった。ブラックスプリングでも黒ボンネには似合う。でも真っ赤なステッカーは剥がしたい。

がしかし、イギリス製でmyボンネのルックにドンピシャな「しょぼいデザイン」なヘイゴンも私的にかなり捨てがたい。ノーマルサスでもワインディングで「とりあえず走れている」のでヘイゴンでも文句はないのだろうが、新たな発見もないのだろう。でも折角機能パーツを変えるのだから「変わった」という体感もプラスになってほしいのだ。まだ知らぬ「走るボンネ」に出会ってみたい。

ビチューボはワインディングでなくとも街中の普段乗りで十分性能を感じられるだろうが、ヘイゴンは「変化無し」なんだろう。でもなー。

でもパニアケースで既に加重状態は「走りの理想」からかけ離れているので、高性能サスもクソもないか?重量をプリロードで踏ん張らせれば十分じゃん??わたしの「白バイコーナーリング」なリーンインorウィズな走りごときは。(just素人談)

ビチューボのインプレは結構見るけどヘイゴンは無い。それだけ不人気という事か。どなたか知りませんか。。。
「ノーマルよりダメ」じゃなきゃ、候補に残しますって感じです。

イギリスやアメリカのボンネビル乗りは結構ヘイゴンやIKONなどのバリュー価格なデザイン優先なサスを付けているだけどね。

悩む。決められない。
やっぱアエラかなー。。。。


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-05-27 00:05 | Comments(0)
何事も慎重に
フロントのブレーキマスターからオイル漏れが発生したので、トライアンフ横浜北へ行ってダイヤフラムを注文してきた。
交換する前に、ダイヤフラムを取り付ける際にシリコンを塗ったほうが密着度が上がり良いと店員さんからお聞きしたので、じゃあやってみようとオイルタンクを開けようとした。
ちょいと暗闇でやったこともあり、車載の安物ドライバーだったこともあり、ひとつネジ山をナメてしまった。。。。

一度ナメたら最後、ナメ続けてお釈迦様。

インパクトドライバーを持ち出す。

おらおら!と叩きまくって更にお釈迦様×二割増。

これ、外れなかったらマスターシリンダーごと交換??
そんなアホな。絶対いやだいやだと、今度はマイナスドライバーで、キチガイみたいに叩きまくってネジ山を強制的に作ること20分。それでようやっと外れた。

無残なネジ君。南無阿弥陀仏。
d0229598_19305399.jpg



シリコンをダイヤフラムに塗って、新しいネジで(モリブデン塗って)止め直したら、どうやらオイル漏れは止まったみたい。明日またチェック。

プロの意見ってほんとにありがたい。と思った日でした。

今日はトライアンフ横浜北でインジェクションボンネのオーナーの方とお知り合いになり、彼のボンネに乗らせてもらった。ボンネオーナーと直接お知り合いになったのは初だ。めでたしめでたし。やっぱりインジェクション&865ccは速い! トルクが全然違うのね。。。あれなら幅広い層に進められるバイクだと思った。もっと売れてもいいもんだ。

週末はRATだ。さて、行こうかどうしようか。。。雨だしなー。。。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-26 19:41 | Bonnieメンテナンス | Comments(0)
ノーマルフェンダーをシャープに
ボンネビルのノーマルフェンダーは、少々太く長い。嫌いな訳じゃないのだが、もう少しシャープにならないものかと思う。というオーナーがおそらく沢山いて、僕のようにスラクストンのフェンダーに変えたり、ノーマルをカットしている人は沢山いる。
でも中には、「ふんぎりがつかない」人もいるはず。

色々試して、これはそこそこ効果ありかも?という方法。

まず、フェンダーはボンネビルのノーマルのままで、テールランプAssyにくっついている、地面に垂直すぎるナンバーステーを少々かち上げ、ナンバーとフェンダーの間にクリアランスをつくる。下品にならないようにフェンダーの角度に合わせほんの少し。
d0229598_23123290.jpg

つまり、後方から見てナンバーとフェンダーに、
距離(遠近法)をつくる。

そして「長すぎる」を視覚的に強調するように付いているバカでかい丸型リフレクター(反射板)を外す。もしくは写真のように小さい物に変える。
外した穴はゴム栓や穴埋めパーツで綺麗に塞ぐ。

これでかなりスッキリした印象(あくまで印象)になる。ナンバーとフェンダーの間のクリアランスによって野暮ったさも少々減る。ボンネのカラーにもよると思うが、多少なり効果あり?な気も。

あくまで視覚的効果ですが。。。

d0229598_23151898.jpg

[PR]
by motor-moto | 2011-05-25 23:25 | Bonnieカスタム | Comments(0)
パニア両サイド装着
旭風防のパニアケース/チャンピオンバッグ ドラッグスター用 を左側にも追加。
d0229598_20453836.jpg

ボンネビルのデザインにはパニアもよく似合う。これですこぶる便利になり、以前に比べ直進安定性も多少良くなった。右側だけの時は手放しすると右側に倒れ込んでいき、左コーナーよりも右コーナーで寝かせるのが得意(笑)という感じだった。

試行錯誤な取付方は過去ログのこちらで
ステーはKIJIMA のボンネビル用サドルバックサポート

エライ幅きかせてますが、ハンドルよりは5cm以上内側に収まった。
d0229598_20464515.jpg

d0229598_20472082.jpg



そして懸念事項だった「反り立ちメーター」。
すっかり気に入ってしまったドラッグバーの低さに合わせ、斜めのゴムスペーサーを自作し、ステーと車体の間に噛まして、思いっきり寝かせた。
d0229598_2050674.jpg

d0229598_2050437.jpg

d0229598_20552458.jpg

ゴムゴムな感じが旧車っぽい?
これでかなり「飛び出し感」が和らぎ、クラシカルなシルエットに(なったと自己満)
d0229598_20523152.jpg

今日はいつものヴィンテージメットではなく、最新鋭のショウエイメットを使った。
d0229598_20541312.jpg

やっぱり高速はこれが快適だ。でもちょっと重い。。。


クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-05-25 20:57 | Bonnieカスタム | Comments(5)
パニアケース再来!
既に右側についているパニアケースだが、仕事の荷物や1泊ツーリングでの事などを考慮すると積載量に不足が生じる。ので、もう一個!と思いヤフオクを物色していた。
左側だけなんでないだろうなーと思い、新品で左のみ購入することも考えたが車種別ステー無しでも17,000円もする。定価は2つで42,000円だから、まあ仕方ない。このケースはレザーと違って雨でも大丈夫。黴びたりしない。なのでメンテいらずで楽。常時つけっぱなし。

がしかし、探している時ほど、出るもんだ。諦めかけていた時に僕のパニアと同じのが2つで10,000円!しかもそこそこ綺麗!ブラケットの種類も僕のほしいもの!鍵もちゃんとある!

これはなんとしても買わなくては。金具に少々錆があるようだが、なんとかしよう。

ゲットしました。

運良く競らずに10,000円で。出勤前の今朝に宅急便が到着。
d0229598_1083686.jpg

旭風防 パニアケース。AC11。この型番の「ドラッグスター用」だとメッキ枠に空いている取付穴がボンネビルのキジマサドルバッグサポートと相性ばっちり。でもドラッグスターにボルトオンするためのステーは使わない。ちなみにAC11、13などはケースは同じだが車種によってメッキ枠のステー取付位置のカタチ、穴数が違う。なので、付属のステーを使わないとしても、これじゃなきゃダメなの。
W650用とかは人気車種ともあって25,000円とかで落札されているけど、これは誰も欲しくないらしい。黒のケースは同じものだし、ステーの加工を工夫すれば付くのに。


結構錆びてます。動きも少し悪い。
でもケース本体はピカピカだった。
d0229598_1011977.jpg



待ちきれません。お仕事前に早速メンテします。
あと20分で出勤です。急がねば。。
CRCで錆を落とし、クロームクリーナーで磨きます。
d0229598_10125657.jpg



時間切れ。まあまあ綺麗になったかな。今日のところはこれが限界。
装着してからヤスリかけよう。
d0229598_10144175.jpg


装着は今晩帰宅後に。
クラシックな現代ツアラーボンネビルに向けて、格安カスタム進行中。

今までつけていたのが一個余るけど、転倒やブツけた時などの予備かな。
[PR]
by motor-moto | 2011-05-24 10:23 | Bonnieカスタム | Comments(5)