ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
<   2011年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ホイールリム・ペイントの「夢」
このボンネビルのエンジンがすごく好きだ。
無垢のシルバーという色、単純な「ザ・エンジン」という造形美。

このエンジンを際立たせ、かつボンネビルをオサレにするカスタムを夢見ている。
今はメッキのホイールリムのブラックパウダーコートだ。
どんなイメージか、ちょっと比較してみる。

これが現在。これはこれで悪くない。キレイ。
d0229598_0141974.jpg


こちらがパウダーコート後のイメージ
d0229598_0155637.jpg

悪くない。シルバーのバーティカルツインエンジンがぐっと引き締まって車体の主役となっている。
よりシンプルに重厚感が出たように思う。ちなみにヘッドライトのハウスもブラック化(LUCAS仕様)している。
エンジン、タンクエンブレム、エキパイ〜マフラーだけがグッと前に出る。エンジンに乗っている!ッて感じでいい!!



参考にした車両はこれ。海外のサイトで発見。
d0229598_0212037.jpg

d0229598_022845.jpg


38歳にはちょっと現代的過ぎなのとヤル気満々すぎるが、かなり渋い。センス抜群のカスタムだ。これはお手本にしたい部分が多々ある。

見てみるとフロントフォークなどはノーマルのフォークをポリッシュしているようだ。勿論、大半がカスタムパーツだが、どこのものかは不明。

日本では手軽にパーツが手に入らないだけに、ボンネビルのカスタムパーツは海外からの購入になる。その分手間も金もかかる。だからどう手を入れるかをじっくり考えるからボンネビルは面白い。ナップスや2りん館とかで無駄遣いしないのもサイフに良い。

このホイールリムのパウダーコートはカスタム具合の高さにしては、コストはそれほど高くないのだが、リム、スポーク、ハブをバラシて塗ってもらうので手間もかかるし、塗ってる間はバイクが足ナシになるのですぐには出来ない。

メッキもメッキでキレイだし。掃除も楽で気に入っている。けど、、、けど。。。
来年の真冬とかにやろうかな。雪でも降ってくれれば乗れないから。
それか、長期出張時か。




[PR]
by motor-moto | 2011-03-31 00:39 | Bonnieカスタム
連休になったのでボンネビルで津久井へ
昨日に続き、今日もお休みとなった。
なんだか怠慢じじいみたいで嫌な感じだが、忙しいときは3ヶ月休み無しだったりするので自分を許す。
ということで、やっぱりボンネビルに跨ってしまう。
d0229598_2154933.jpg


つい最近、坐骨神経痛になった。これはしんどい。まだまだ若い若いと思っていたがそうでもないらしい。バイク日和が続くのについていない。しかしどうだろう、バイクの乗っている姿勢は痛みが和らぐ。椅子に座ると痛くなって立ってしまう。おかげで、食卓の我が椅子はバイクのシートを置いてある(笑)。股を広げて跨るのがいいのかな?

痛みを忘れに(笑) 今日は山へ行こう。
ボンネビルを昼頃に出し、津久井方面へ向かう。
246で厚木まで行き、宮が瀬方面へ右折。
d0229598_20363466.jpg

少し走ると、一気に山の風景になる。
この減速帯の振動が、坐骨神経痛にはすこぶるしんどい。。。
腰を上げて通過する。
d0229598_20342072.jpg

中津川に沿ってひたすら走る。この辺からツーリングらしくなる道。
d0229598_2036665.jpg

d0229598_20371639.jpg


宮が瀬湖の先から、ヤビツ峠への脇道に入ってみる。
かなり狭いが、クネクネ道が永遠に続く。平均速度20km~30km以内。
でもボンネビルには心地よい。1速高めのギアで、トルクだけでタラタラと走るのがある意味ボンネビルに似合う走り方。
d0229598_20384150.jpg

d0229598_2172887.jpg

d0229598_2039433.jpg


ドンドン入っていくと、道が荒れ始めた。ボンネビルはチューブinタイヤなのでパンクが怖い。
こんな山奥でパンクしても対処のしようがない。ヤマメ釣りの桟橋があったので、ここらでUターンすることに。僕は趣味でフライフィッシングをやっている。ここらの川にも何度か来たことがある。川を見ると、ワクワクしてしまうのだ。
d0229598_20422712.jpg

d0229598_2043040.jpg


宮が瀬湖まで戻り更に津久井方面に向かうと宮が瀬の休憩所がある。
普段はあまり寄らないが、今日は少しよってみた。
d0229598_20445956.jpg

d0229598_20452813.jpg

二輪のパーキングが無かったので車レーンへ駐輪。
まあ、車と同じように駐禁取り締まり受ける立場ですから、バイクで車レーンの利用も当然といえば当然だが、なんだか気が引ける。
d0229598_2049534.jpg


喉が渇いたので甘酒を頂く。これって飲酒運転??
d0229598_20461145.jpg


場内を散歩する。
これ、いくらなんでも高くないか?
どの辺が、プラズマなんだろうか。。。
d0229598_20535874.jpg


不思議な道の駅だ。猪までぶら下がっている。
さぞかし、やる気満々な自治体なんだろう。
d0229598_2055116.jpg


なんとなくバイクを磨き、体も温まったところで出発。
津久井湖までは一度小さな市街地を通るが、信号もない適度なワインディングが続く。
と、津久井町に入ったとたんに、まさかの通り雨。湖のサービスエリアで雨宿りする。磨いたバイクが数分で雨粒だらけ。
d0229598_2051443.jpg

d0229598_20513731.jpg


帰りは相模原のホームセンターによって120円で黒のキャップを買う。
d0229598_20564080.jpg


これ、なんに使うのかというと、ノーマンハイドのステダンを止めているユニクロボルトをカバーするため。
d0229598_2059398.jpg


僕はあまり「これ、あとから付けてます」みたいなボルトだらけのバイクは好きじゃない。なのでこのボルトヘッド用のキャップでカバーする。更に純正品のように馴染む。そして一見盗難防止(取り外す工具が判断つかない)にもなる。

ホームセンターは安くて楽しいものが沢山ある。
僕の大好きな場所は、

1.家
2.バイクの上
3.ホームセンター

なくらい、ホームセンターが好き。

今日走ったコースはこちら。
d0229598_21135677.jpg


写真は全部、iPhoneで撮影したので荒っぽい。
運転しながらiPhone撮影は危険すぎるのでもうやめる。

コース:横浜市某区〜厚木〜宮が瀬〜ヤビツ峠(Uターン)〜宮が瀬道の駅〜津久井湖〜相模原〜自宅。

走行距離:95km
走行時間:6時間(寄り道含む)

明るいうちに早めの帰宅で家族と夕食をと思ったら、長男の友人家族と外食に出ていた。
仕方ないのでパパは今晩ドミノピザで愛犬と過ごす。





[PR]
by motor-moto | 2011-03-30 21:19 | ソロ・ツーリング記
思いつきツーリング・ボンネビルで三浦半島周遊
今日はお仕事がお休みになった。
というのも、僕はサラリーマンではない。「映画」を企画し製作するのが仕事だ。
映画とは、劇場のでっかいスクリーンで観るアレだ。なので仕事の状況によっては平日も時間を作ることができる。代わりにといってはなんだが、週休2日と決まっているわけではない。

今回の東北関東の震災、停電の影響もあり、他の業種のように映画界もあらゆるところでスケジュールの混乱が起きている。そして僕の映画の現場も例外ではない。
少し時間をおくことになったので、気温も高く天気もいいのでボンネビルを走らせることに。

まずはどこ行くべかとタラタラ走る。
海でも行ってみようと思い、走り慣れた保土ヶ谷バイパスではなく、走ったことの無い国道で藤沢方面へ向かう。

d0229598_23385761.jpg


ひたすら走りやすい国道を22km走る。車は多かったが先を急ぐわけでのないので流れにのってドコドコと進む。今日は暖かい。ボンネ嬢のキャブも調子がいい。EPLオイルも相性がいいのだろうか。ほんとに納車時と比べものにならないくらい調子がいい。不快なバックファイヤーもほぼ無い。

藤沢駅から江ノ島で海岸へ。やっぱり海はいい!!
今日はオープンフェイスで正解。
d0229598_2343835.jpg


平日ともあって、空いている134号を鎌倉方面へ進み由比ヶ浜で一服。ここへはよく家族で子供を遊ばせに来る。やはり海はオフシーズンに限る。ここは夏になると、個人的には大嫌いな「海の家」の乱立で、まるで渋谷センター街状態の驚愕の景色へと変貌する。
d0229598_027307.jpg

d0229598_23422771.jpg



ここらで帰路を目指しても良かったが、あまりに気持ちよいのでどうせなら三浦半島を一周してしまえと、逗子を通って城ヶ島方面へ行く。
d0229598_031147.jpg

d0229598_23451395.jpg


14:00過ぎに城ヶ島大橋を渡る。このあたりの寿司屋で食う海鮮丼はめちゃ旨い。
でも昼飯は鎌倉のコンビニで済ませてしまった。失敗。
d0229598_234881.jpg


城ヶ島の商店街。シャッター通りと化した過去の観光地。
でも、静かでキレイな島。僕はここが結構好き。
d0229598_2353254.jpg


漁港でセルフタイマー撮りしてみる。
カメラの向こうで三毛猫がじっと僕を見ていて照れくさい。
d0229598_23503076.jpg

d0229598_23511847.jpg

d0229598_23573656.jpg

d0229598_2358755.jpg

えらく懐いてくるので、ポケットの「干し梅」をくれてやった。腹こわすなよ。

日が暮れる前に横須賀まで走ろうと、城ヶ島を出て三浦の岬を走る。
一面キャベツ畑と灯台や風力発電の連続。岬をゆっくりと沿うように走る道。。
d0229598_23554575.jpg

漁村や集落がポツポツとあり、開けた直線あり、適度な中速コーナーあり、気持ちよい道だ。
ホワイトパワーのフロントスプリングのありがたみを感じる。
今日はリアのバネ圧を最弱にして走ってみた。フロントのコシに対して、やっぱり少し柔らかすぎるかな。いつかリアサスも変えてみよう。
d0229598_23562220.jpg


久里浜のコンビニで一休み。ここで16:00くらい。
そういえば、ボンネビルをこっち側から撮ったことはあまりない。
2本出しのマフラーはどっちも美味しい。
d0229598_021629.jpg


ここから海を離れ、久里浜の街中を内陸へショートカットして横須賀に到着。
それはそれはデカイ軍艦がおった。
d0229598_04394.jpg

ついでにイージス艦と
d0229598_05206.jpg

潜水艦までおった。
d0229598_06887.jpg


と、ここでデジカメのバッテリが落ちる。
日も暮れ始め、気温も下がってきた。16号で幸浦のナップスまで走り、店内を物色して何も買わずに湾岸線から第三京浜で帰路へ。

湾岸線の夕陽はとてもキレイだった。

今日、思いつきで走ったコースはこちら。
青色が一般道。
赤色が有料道路。
d0229598_23354661.jpg


コース:横浜市某区〜江ノ島〜鎌倉〜三崎〜城ヶ島〜久里浜〜横須賀〜幸浦ナップス〜自宅
走行距離:160km ぴったし
走行時間:11:00〜20:00(9時間)

なかなか良いコースだった。
次は同じ道を逆に走ってみようかな。

ていうか、明日も休みになってしまうんでないかと心配している今。。。




[PR]
by motor-moto | 2011-03-30 00:39 | ソロ・ツーリング記
ゴーグル for ボンネビル
アーサーフルマーのブラックジェットヘル用に、ゴーグルを考える。
愛車はトライアンフ・ボンネビル。英国車といえば、ジェットヘルにゴーグルである。
本家イギリスはこのハルシオンゴーグルが一般的だ。
d0229598_2258298.jpg

だがこれはクラシックすぎてちょっと「キメすぎ」である。
雑誌の広告まんま。そして日本人では学芸会になってしまう。

僕の理想のイメージはこっちだ。
名作「天空の城ラピュタ」の主人公、パズーのゴーグル。
d0229598_22275014.jpg

d0229598_222839.jpg

ついでに後ろ乗せた美少女(シータ嬢)もだいぶとイメージ。
こんな娘を乗せたいものだ。。。。

d0229598_22285156.jpg

同じゴーグルでも決してこっちじゃない。

それでいて、現代的にもアカ抜けたデザインの物を探した。
見つけたのはこの二つ。

こちらはノーブランド。デザインは余計な装飾もなく、厳つくもなく良い。
作りはとりあえずまとも。視界が広い。
d0229598_22402316.jpg


こちらはPyramexV2。軽く、カケ心地も悪くない。でも丸すぎるかな。
d0229598_22404912.jpg


両方とも2000円くらい。安かったので両方手に入れた。で、今使っているのはこっち。
テンプルのカーブを側頭部の形状とメットの内装にフィットするように熱して曲げてある。
d0229598_223036100.jpg


視界は良好、ジェットヘルとの相性もバッチシ。
しかもラインがパズーのゴーグルっぽい。洗練されていながら、クラシック傾向。

d0229598_22444737.jpg


こんな感じで、後ろの黒の「ワイルド7の飛葉ちゃん仕様」のジェットにお似合いです。

安いので消耗品扱いできる。買いだめしておいてもいいくらい。
周囲には、サイドについたバニアケースのおかげで「バイクもメットも白バイならぬ黒バイみたい」と言われる。
このゴーグルは、冬は少々寒いが夏のタウンユースは活躍しそうだ。




[PR]
by motor-moto | 2011-03-28 22:56
ご近所ツーリング・ボンネビルというバイク
土日は出かける予定が組めず、自宅でバイクをあれこれして終わった。
でも昼過ぎには気温も上がったので、手ぶらで横浜の自宅近所をブラブラと流した。
段々と、ボンネビルというバイクが見えてきた気がする。

ノーマンハイドのバックステップと、ハーレー用のワイドハンドル、プチアンコ抜きで、だいぶ乗りやすくなってきたボンネビル。

このポジションを後ろから見ると、多少なり「走れそう」な雰囲気は出る(笑)
この手のバイクの「脱オッサン乗り」には、大切な事である。
ちなみに僕は身長177cm。やせ形。

d0229598_18255686.jpg


横から。

d0229598_18283674.jpg


もう少し猫背になるかと思ったが、まあ丁度良い気がする。
足もそれほど窮屈には見えない(でも慣れが必要)
ボンネビルは意外と小さいようにも見える。でも乗っていると大型なりの車格だ。
この状態でリアサスのバネ圧は標準設定(真ん中)。固さを許せばもう少し高くしたい。

快適なポジションと絶好調のエンジンで、近所の十数キロだけだが気持ちよく走る。
やはり、荷物を背負った渋滞路の通勤とは気分が違う。WPに変えたフロントサススプリングが、心地よく路面の凸凹を吸収してくれる。

d0229598_18361058.jpg


ボンネはフロント19インチだ。最近のスポーツバイクのように、ペタッと勝手には美しく曲がってくれない。
視線を大げさなくらいコーナーの出口へ、タイヤのグリップなんぞに頼ってられません。身体は白バイばりに肩を入れてリーンイン、わずかにリアブレーキにテンションをかけながらウィーーーンとコーナーへ入っていく。
立ち上がり、リアブレーキから足を離すのとアクセル「パカー!!」をかぶらせながら、ドドドドドドドドドーーーーと加速する。ん〜バイクだ。これがバイクだ。うまく乗れているかどうかは別として、いかにもバイクだ。

ガキの頃にモトクロスをやって、高校生になって免許とって2ストレプリカブームにのっかり、用もないのに曲がるたんびに膝をスリ、スーパーバイカーズカスタム(今のモタード)にハマリ、空冷4発で夜な夜な第三京浜でZZRやV-Maxに煽られ、やがて嫁をもらい子宝に恵まれ、オフ車とビックスクーターで通勤快速してきたが、こんなに「やることやらなきゃ、それなりな走りにならない」なバイクは、ガキの頃のモトクロス以来かもしれん。

d0229598_22152029.jpg


もちろん遅い!! 直線では本気モードの400ccスポーツに油断しているとスパッとぶち抜かれる。
790ccで62馬力である。200kg越えの車重に対して非力にも程がある。
ジャーナリストによると、「ボンネビルは誰にでも扱いやすいバイク」らしい。確かにそうだ。女の子でも全く問題無い。でもある速度域を超えると、全然曲がりませんよこのバイク。
でもこれでいい。これが楽しい。超楽しい。頑張るほどに、ライダーの気力と努力と腕前を思い知らされる。それでいて、やっぱり一番楽しいのはゆっくりまったり走ること。景色がちゃんと見えるバイク。その辺はジャーナリストの言う通りだったりする。
兎にも角にも、おれバイク買ったぜー!おれバイク乗ってるぜ—!な気分は100点満点だ。

d0229598_22202631.jpg


と、夢中になっていると、ボンネ初のガス欠になった。漫画みたいにバフッバフッいいながら、プスンと小さく黒煙吹いて止まった。リザーブに切り替えて100mでガソリンスタンドへ。

d0229598_21293722.jpg


空っぽから満タンで12.21リットル。リザーブ抜きでおよそ12リットルといった感じか。

d0229598_21311617.jpg


燃費は環状線などの信号ストップの少ない大通り50%+市街地走行50%で、現状20km〜22km/1L(計算ミス発覚:17km〜19km/1L)と、ボンネの平均値。我が家の3Lファミリーカーに比べるとなんてエコな乗り物だろうか。

d0229598_18383428.jpg


そんなに眺めたら穴が空くぞというくらい、眺めてしまう。
乗って楽しく、触って愛おしく、眺めて更に惚れ込む。たまらんバイクだ。

d0229598_18394348.jpg


寒くなってきたのでそろそろ帰って今日は奥様に鍋にしてもらおう。


[PR]
by motor-moto | 2011-03-27 18:45 | ソロ・ツーリング記
ジェットにコンペシールド
ボンネビルのための愛用ジェットヘルメット、ARTHUR FULMERの白にスモークのコンペシールドをつけてみた。
世の中バルブシールド?っていうのか、丸っこいのや、ガッチャマンみたいな成型済みのものが流行のようで、フラットなコンペシールドはあまり出回っていない。スワンズとダムトラくらいだろうか。なので良いのを見つけると買いだめしておく。安いし。

d0229598_15291026.jpg


以前ネットで買ったもので、このシールドがどこのものかは忘れてしまったが、古くさく、長すぎず、丁度良い。メット脱がずにそのままタバコも吸えちゃう。
夏の日差しには、このフルスモークバージョンの出番かな。



[PR]
by motor-moto | 2011-03-26 15:33
ハーレー用ハンドルバー:ハーモニカタンクバッジ
理想のスタイルを目指し、ハーレー用のワイドな1インチハンドルバーを装着した。
d0229598_0525997.jpg

幅がノーマルの710にくらべ、770あるためケーブル類が心配だったが、アクセルワイヤーがギリギリでなんとか装着できた。クラッチケーブルはフレームに拘束されているピンを一つずらせば問題なかった。このハンドルはノーマルより低く、もし高さが変わらない物だったらケーブルが届かなかっただろう。

ノーマルとの見た目の比較。

※ノーマル
d0229598_2245955.jpg


※ハーレー純正(車種不明)
d0229598_2246758.jpg


丁度、フォークトップから立ち上がる感じ。シルエット的にはこちらが古くさくて好み。

肝心の乗り心地、操り心地とはいうと、どっちもどっちという気がする。
ハーレー用は、下がって広がった分、ノーマルよりは前傾姿勢になる。当然、ロングツーリングでは腰に来る。対してノーマルはさすがに考え抜かれたポジションだけあって楽ちんではあるが、ツインの鼓動を楽しみながらマッタリ走るにはポジションが平凡すぎるのだ。教習所のバイクみたいというか。。。バイクにお任せな乗せられている感じとでもいうか。。。
コーナリングはハーレー用では幅がある分、慣れない19インチのバカでかい前輪を押さえ込んでいる安心感が増した。そしてなんというか、往年の名車のごとく両手を広げてバイクを操り、大地を駆け抜けている感がある。でもUターンはすこぶるやりにくくなった(笑)

ボンネビルのようなバイクに乗る時点で、機能50%、スタイル50%が前提になるので、このハンドルに関しては若干スタイル優先なカスタムになった。

まあ、スタイルを捨てて機能を追求することを優先するなら他に良いバイクは沢山あるので、スタイルがセールスポイントであるボンネビルを堅苦しい事を抜きにして楽しもう。
でも絶対に機能40%、スタイル60%にはならないようにしたい。

ついでにバーエンド(ウェイト入り)をつけた。半信半疑だったが、ほんとにハンドルの余計なビビリが無くなった。

d0229598_2321852.jpg


そしてハーモニカエンブレムも取り付けた。

d0229598_15203980.jpg



納車後、時間があるうちにと一気に施したカスタムも、そろそろ一段落。
春になったら、伊豆あたりにツーリングに出かけたい。

今日、東北の被災地へ送った支援物資(防寒着とかスニーカーとか)が無事到着した報告を受けた。
どれだけ支援してもまだ足りないと思うし、僕らは遠方から募金をしたり支援物資を送るだけで、被災者の心は助けてあげられないことに、自分がいかに無力であるかを知る。
でも自分の心の中で「何かやるべきではないか」と考えるだけでは現実的に何も変わらない。
同情や励ましの言葉だけでは、いま、この状況は何も解決しない。
節電、買いだめの自粛、そして100円でも1000円でも、支援物資でも、その行動が、それが現実的に被災者の方々が今必要としているものだ。

今はまだ、「頑張って」の言葉の前に、現実として、それよりも必要なものがあるのだと思う。


[PR]
by motor-moto | 2011-03-25 23:07 | Bonnieカスタム
ハーモニカ・タンクバッジ
ボンネビル用、旧タイプのタンクバッジ。通称ハーモニカが届いた。

d0229598_23425569.jpg


もう本家トライアンフが製造をやめたと噂され、日本はおろか海外のトライアンフアクセサリwebショップでも在庫がない状態だったのでほぼ諦めていた。
がしかし、偶然にもメーカーに、それも日本に、在庫があった。即お取り寄せしてもらった。

d0229598_23434646.jpg


以前のようにバッジ×2+ゴムベース×2のセット販売ではなくそれぞれバラバラ販売となっている。
なので少々値が張る。合計で27000円ほど。セットの時は14000円ほどだったらしいから倍だ。

それともう一点。

d0229598_23472248.jpg


理想のポジション&スタイル追求のため、中古で2000円で買ったハーレー純正のワイドローなハンドルバーも届いた。これはボンネ・ノーマルより若干低く、幅が780cm(ノーマルは720cmほど)ある。そしてライザー部の幅がノーマルより広めなので、理想的なスタイルにかなり近い。
ちなみにボンネビルは1インチバーなので巷に出回っている国産用カスタムバーは殆ど使えない。ハーレーが同じ1インチバーなのでカスタムにはハーレー用もしくは海外webショップから探す。

注意:ハーレー用1インチバーでも、グリップ部だけ国産サイズになっている物あるがそれは使えない。ボンネはライザー、グリップ、スイッチコントロールボックス、全て1インチである。

またもや今晩取り付けよう。
毎度ピットインが夜中なので写真が撮れない。


[PR]
by motor-moto | 2011-03-24 23:57 | Bonnieカスタム
ライドポジション再考 その2
前回の続き。
理想の腰下ポジションを実現すべく、昨晩アンコ抜きしたシートの結果。

Before
d0229598_21192398.jpg


After
d0229598_21462476.jpg


Close-up
d0229598_21325386.jpg


ボンネビルのノーマルシート座り心地は良いのだが、僕の体型にベストな座面エリアのタックロール4-5列目あたりが平坦〜前傾ぎみで、ブレーキング時や自然走行で前方へずれてしまう。

対して、アンコ抜きはその3-4-5列目付近を中心として、わずかに削って尻を落ち着かせるようにした。
「The アンコ抜き」にならないように、まあまあ滑らかにできた?
そしてアンコ抜き前からだが、ストックで付属されているタンデム用のシートベルトを外した。
だいいち、あんな柔なベルトを握ってタンデムしているのなんて見たことないし、危ない。そんなもの握られるくらいなら最初から無いほうがいい。バーか僕の体に捕まってくれればいいのだ。シートデザインもフラットで良くなるし。
d0229598_22402034.jpg


乗り心地はというと、満足。理想的なところにきたと思う。
中のウレタンをカバーするビニールと表革を止める両面テープ面積を増やし、シートズレも無く、アンコ抜きによって腰がすわりバックステップとの関係性もバッチリ。
理想の腰下ポジションになった。

ライダー乗車写真はこちらのブログページで。

全体をなだらかに削ったので、シート本来のシルエットも崩れず、満足度の高いカスタム。

d0229598_21403776.jpg


あとはハンドル。これはもう数センチ幅広で、わずかに手前に持ってきたい。
ハンドルはまた次回に。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



[PR]
by motor-moto | 2011-03-23 21:37 | Bonnieカスタム
ライドポジション再考
僕は身長が177cmほどである。
ボンネビルの足つきについては余裕なのだが、ノーマルシートの形状から素直にシートに座ると、シートの傾斜上どうしても前の方に座ることになる。意識して後ろに座っても、いつの間にか前にきてしまう。
すると膝が下がってニーグリップポイントがヘッドカバーになってしまう。
今はまだ許せるが、夏はやけどしてしまう。。。
そして全体的な姿勢もこのままではどうも違和感がある。
そこで、下記の図のように、座りのポジションをもう10cmほど後ろへ持っていきたいと思う。
黄色は現在のポジション。青色は理想のポジション。

d0229598_015518.jpg


ということで、青色の部分でお尻が落ち着くように、シートのアンコ抜き(というより重心変更)にチャレンジ。

で、用意したグッズ。
d0229598_0175488.jpg


■アラカン(スポンジを削るためのもの)
■ガンタッカー(最後にシート表革をシートベースに固定する巨大ホチキス)
■ペーパーホルダー(スポンジ削りの仕上げ用)

シートを外した写真とか撮り忘れた。。
ホチキスで止まっている表革をはずし、スポンジに被されている防水用ビニールを外す。
今回は純正シートのタックロール前から4列目あたりを重点的に削る。目標は、

1.座面を平坦にすることを目指す。
2.ブレーキングで前にずれない様にフロント部分はストッパーとして残す。
3.不自然に凹まないよう、座面より後ろは全体的に薄くする。
4.オリジナルのシルエットは限りなく残す。

である。

で、むき出しになったスポンジをアラカンで狙った形状に削る、削る、削る。

d0229598_0261351.jpg


およその形状が仕上がってきたら、なめらかにするべくペーパーで根気よく仕上げる。

d0229598_0282066.jpg


キレイになったら外した順序を遡って、ガンタッカーで表革を打ち込む。
この時注意は前端と後ろ端を先に打ち込み、次にアンコ抜きによって弛んだ部分を引っ張って打ち込む。それで全体を均等に打ち込んでいく。(自己流)
完成。なかなか良くできたかも。でも写真撮ってない。。。

明日、実写に装着してシルエット&試乗確認だ。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村


[PR]
by motor-moto | 2011-03-23 00:34 | Bonnieカスタム