ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
カテゴリ:Bonnieメンテナンス( 114 )
クラッチカバーを耐熱ペイント
僕のボンネビルは2003年式の無印(T100以前のモデル)です。

2004年以降のT100モデルの多くには、ヘッドカバー、クラッチカバーを含む両サイドエンジンカバーなどにメッキパーツが使用されていますが、僕の2003年式はアルミ素材の無垢です。一見そっけないものですが、僕はこのいかにも「機械」な感じが気にいっています。

しかし、アルミ無垢というのは、放っておけば表面クリアの経年劣化によって錆・曇り・シミが目立ってきます。僕の愛車も例外ではありません。

d0229598_16535292.jpg


以前、このクラッチカバーを磨きたおそうとしてクリア塗装を剥がすほど磨いた事があったのだけど、その時はそこそこ綺麗にはなったものの、時間が経つにつれやはりまたシミが発生してきます。特に左側のクラッチカバーはフロントのブレーキダストをまともに被る場所。黒ジミが目立ってきます。

いつのまにかこんなになります。これでも磨いた後です。

d0229598_16543819.jpg


こうなると、そこらのコンパウンドやクリーナーで磨いたところでこれ以上綺麗にはなりません。そしていつかは再塗装しなくてはいけない、と思っていた保護クリア塗装をしなくては、と。

今日はこのクラッチカバーを改めてピカピカにし、保護クリア(耐熱)塗装をしようと思います。

昨晩はツーリングしちゃって後回しにしたお仕事を本日午前中までにやっつけ、スペシャル眠いのにドMなmotoは午後から作業開始♪

まずは手持ちのコンパウンド類と使えそうなグッズを用意。

d0229598_16571312.jpg


そもそも鏡面ポリッシュ仕上げにするつもりはなく、アルミ地が鈍く輝くようになれば良い。今残っているシミを、フツーにコンパウンドで磨いてもまったく落ちない。

ならば躊躇無くボンスター攻撃ですw コンパウンドはソフト99のホイールクリーナーってのを使用。

d0229598_16585219.jpg


力一杯、カバー全域にわたりゴシゴシします。

d0229598_1702093.jpg


腕がつりはじめたのでギブアップ。。
ウエスで拭き取って、目の細かいコンパウンドで磨きます。

d0229598_1715221.jpg


なかなか良い具合に蘇りました。がしかし、このまま放っておけば、またすぐに曇りやシミがComebackです。

ということで、次は保護のための耐熱クリア塗装です。
磨き粉を落とすために中性洗剤で洗浄して脱脂。

d0229598_1733679.jpg


下地が冷えていると塗装がノリにくいです。
塗装のノリが良くなるように、一度エンジンをかけ、しばらく暖気します。少々のアイドリング程度では、腰下のクラッチカバーが温まるほどにはなりません。適当な頃合いでエンジンを切って、循環したオイルが下に落ちてくるのを待ちます。そうすると、エンジン腰上で循環して温まっていたオイルが下がってくるので、その熱で徐々に腰下のパーツも人肌程度に温まります。

塗装対象のクラッチカバー以外の周囲をマスキングして、塗装します。

今回の耐熱クリア塗装には、LAVENの「耐熱クリア」を使います。

d0229598_17103415.jpg


まんべんなく、ムラにならないよう数回にわけて重ねてスプレー。

d0229598_1762654.jpg


乾燥を待って、極細液体コンパウンドで艶出しして完成です。

d0229598_17143026.jpg


ピカピカ♪

追記:これ、失敗に終わりました。

続編あり(汗)


ついでにシフトペダルも磨いてクリア塗っときました。

d0229598_17154850.jpg



バイク全体磨きたおし、お馴染みシリコンスプレーで艶出し&コーティング。ホイールも磨いて、半年に一度やっているスポークのニップル緩みもチェック。緩みありませんでした。

d0229598_17382228.jpg



ボンネ、すこぶる絶好調。次はどこを整備しようか。そろそろ10000kmを迎えるフロントフォークのフォークオイル交換、ディスクローター、アクスルカラーのグリースあたりをリフレッシュしよう。


今晩は我が家の女性軍はお出かけ中。

晩飯は中学二年の長男と男二人焼き肉。

d0229598_19403593.jpg



こらこら、ご飯の時くらい、ヘルメット脱ぎなさい。




新設!ボンネビル自由帳はこちら!


Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-24 17:24 | Bonnieメンテナンス | Comments(10)
アクスルシャフト・チェーンアジャスタ交換
明日の土曜日はとらきちさん主催のキャンプがありますが、motoは土曜日またもや、夜なべ覚悟のお仕事原稿書きになりそうなので参加できず。。。

俗に言う、振り替え(半日)休日?(自営なので好き勝手に決めますが)となる本日午前中、先日の個人輸入で入手した、純正部品のリア・アクスルシャフトとチェーンアジャスタ一一式を交換しました。

今回はどうせリア回りを外すのだから、32000km使い込んだスプロケも新品に変えてしまおうかと、1年以上前になぜか間違えて買った(笑)現在と同じ41Tスプロケ(レンサル製)をスタンバイ。
d0229598_21225838.jpg


僕のボンネはパニアケース(ステー)がついているので、そのままではリアタイヤを外すことができません。まずはこのステーを左側だけ取り外し。タイヤを左側から抜き出します。
d0229598_21161234.jpg



4箇所のボルトで左ステーのみ取り外し。
d0229598_21181284.jpg



交換する純正部品はこれ。
d0229598_21295378.png



サイレンサーを両サイド広げる。
チェーンガードを外す。(忘れたw)
アクスル・ナットを緩めてシャフトを抜きタイヤを外します。
d0229598_21311411.jpg

d0229598_2137493.jpg

d0229598_21322182.jpg

d0229598_21332461.jpg


本当は、リア・ブレーキキャリパーを外してから作業すべきです。
が。。そのままやっちゃいました。。真似してはいけません!


ここで近所の顔なじみのおばさんに。。。

「まあ、よく壊れるバイクね〜〜」

「そうですね!大変ですよもう!」


早く終わらせて仕事にいかなきゃいかんので時間がありません。
とっとと作業を進めますよ。


まず、スプロケットの歯の状態を確認。
納車時にこの41Tに変えたので、32000キロ使用しました。
d0229598_21413857.jpg


チェーン注油はこまめにやっていたので、酷い摩擦は起きていません。というか、まだ全然使える状態に思えます。若干エッジが出てきていますが、山はまだ健在?
摩耗が激しいと山がとんがり気味になります。台形なら健全。

新品と比較してみたけど。。。そもそも山のカットデザインがサンスターとレンサルでは違うのであまり参考にならない。。新品の方が、先がトガってるのはナゼだ(笑)

手前が新品のレンサル。
d0229598_21465423.jpg

d0229598_21474215.jpg


スプロケット&チェーンは、同じ走行距離でも、日々のメンテナンスの有無で消耗具合が全然違います。なので走行距離だけでは交換時期をはかれないもの。目視でのチェックが必要ですね。今回はまだ問題なしという判断でスプロケは交換せずにしました。

続いて左右のチェーンアジャスターの取り外し。
ボルトを緩めていけば外れます。
d0229598_2151884.jpg


取り外したアジャスター。右側が、本体、ボルトともに歪んでいるのがわかります。これが交換する理由。
d0229598_2152519.jpg


なんでまたこんなに歪んだのか。。。
いつなったのか良くわかりません。。
ほっとけばいずれボルトがポキッと折れたでしょう。

新品を組み付ける前に、ついでにチェーン関係も清掃です。
HAZETのオカモチをバケツ代わりに(便利!)チェーンクリーナーでジャブジャブ洗浄です。
d0229598_22442130.jpg

d0229598_2245223.jpg


ボンネオーナーお馴染みの開かずの扉。。
フロントスプロケット回りも清掃。
d0229598_21592913.jpg


アジャスター取り付け回り、ねじ穴も綺麗にしておきます。
d0229598_2213694.jpg



新品のチェーンアジャスターの組み付けです。

d0229598_2225451.jpg

d0229598_2234940.jpg


車体に組み込み。チェーン調整目盛りのギザ山がある方が外側で上です。ボルトには、一応モリブデングリスを塗っておきます。
d0229598_2252086.jpg


左右のアジャスターを同じ位置で一番奥までセットしたら、リアホイール一式を車体に戻します。
左右のスペーサーに新たにラバーグリースを塗布。
d0229598_228321.jpg

d0229598_2284682.jpg


チェーンをスウィングアームの外側に逃がしてから、リアホイールを入れ込んでいきます。
d0229598_2212968.jpg

今回はブレーキキャリパーをブラケットにぶら下げたままなので同時にキャリパーにディスクも滑りこませながら。。。大変(汗)

チェーンをスプロケにかけて、最後に新品のアクスルシャフトを入れます。

交換する新品シャフト(左側)。
d0229598_22144799.jpg

d0229598_2217735.jpg

右側の古い方は、凸凹が目立ちます。シャフトの先端に爪のような"引っかかり"ができていて、今までの取り外しの際になかなか抜けないのでハンマーで横打ちしたのが原因。

新品をしっかりとゾイルでグリスアップ。
d0229598_2218879.jpg

d0229598_2218489.jpg


スウィングアーム〜ホイールに差し込みます。
気持ち良いくらい、スコ〜っと入った(笑)
d0229598_221954100.jpg


アクスルナットのネジ山もパーツクリーナーで清掃。
d0229598_22212612.jpg


シャフトのボルト山にもモリブデンを塗ってワッシャを挟み締め付けます。
d0229598_22225198.jpg


取付忘れのパーツ、ボルト類が無いか確認。
d0229598_2224338.jpg


リアブレーキパッドは先週内緒で(笑)変えたので、これでリア回りは当分ノータッチで大丈夫そうです。ピカピカになったチェーンを新たに念入りにグリスアップして終了!



そうそう、先週、某バイク用品店の駐車場で油を売っていたら、交通安全宣伝のお巡りさんにこんなものを渡されました。

d0229598_22255314.jpg


K「反射板になってますので、良かったら差し上げます」

と。。


K「別にバイクに貼らなきゃいけないわけじゃないですから」

m「いえいえ。。。(あたりまえでしょ)」

K「このバイクは何ccですか?」

m「・・・・20ccですね(答え飽きました)」



とりあえず持って帰りましたよ。
このカッコイイ、ステッカーを。


勿論、貼るに決まってるじゃないですか!おまわりさん!


ここかなあ・・・・

d0229598_22294434.jpg


イヤ。。ここかなあ・・・・

d0229598_22301228.jpg


やっぱ ここかなあ・・・・

d0229598_22305425.jpg



ここだな!! 決まり!

d0229598_22314714.jpg




努力はしましたよ、努力は。



貼ったよ!おまわりさん!


今晩は、少し気温が上がって走りやすかったですよ!

d0229598_2373929.jpg


明日、日帰りで伊豆までいっちゃおうかなあ〜〜。。。
仕事は夜に頑張ればいいんだしな・・・・・。

あ〜迷う。



新設!ボンネビル自由帳はこちら!


Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-22 22:55 | Bonnieメンテナンス | Comments(15)
ボンネオイル交換10回目記念
昨晩の完徹のお仕事あとは、すぐ寝ようかと思ったけど。。。

天気が良いのでオイル交換してしまった。

今回はオイル交換10回目です。(たぶん)

d0229598_21583255.png

d0229598_21585637.png


9000km走行時で購入、その後の走行距離が32000km。
約3000kmに1回交換。。。
32000÷3000=・・・・・たぶん。。

そこで今回は初心に返って、ちょっと解りやすくオイル交換メソッドを!

今まで(過去記事参照・・・)で、かなり端折ってきたので。。。

既にオイル交換なんぞわかっとる!人には長すぎる記事なのSkipしてくださいませ。


まずは!用意するものですが、こちら。

追記:とその前に、オイルが抜けやすくなるように(軟らかくするために)バイクを少し走らせて中のオイルを温めてきてください。5kmも走れば十分かと。

d0229598_20485253.png


左上から順に。。

オイル入れ(だっけ?)
交換用オイル(3.8リットル分)
トルクレンチ(締め付け用)
ラチェットレンチ(緩め用)
ロングアーム(延長)
グリップソケット
オイルフィルター(K&N KN191 or 純正 or etc)
17mmソケット(K&Nオイルフィルター用)
19mmソケット(ドレンボルト用)
ドレンパッキン(ワッシャ)/ M14(交換用新品1つ)
ゴム手袋
膝付きウレタンマット
ポイパック(最低でも3リットル以上入る表記のもの)


*M14ドレンパッキンは市販品はこれで適合します。こちら


です!

d0229598_20564417.png


まずは古くなったオイルをボンネビルから抜きます

オイルを抜くのは、車体の一番下のオイルパンと呼ばれるオイル溜にある、ドレンボルトを外して抜きます。当然、オイルが垂れ流しになりますから、ポイパック(何でも良い)を車体下に置きます。
ポイパックは安価で売ってますが、テキトウな大きさの箱にビニール袋を敷いて、中に新聞紙やティッシュ詰めても良いですよ。オイルを吸えばなんでも良いのです。

バイクはセンタースタンドでもサイドスタンドでもどちらでも大丈夫です。ボンネビルの場合はサイドスタンド側(左側)に車体が傾いていてもオイルがしっかり抜けやすいように、廃油口が左よりにありますので。※サイドスタンドの場合は、転倒防止でギアを1速に入れて前進してタイヤがロックした位置で作業しましょう。

では、ポイパックの置き方!


・・・・ただ置くだけじゃないか!

いえいえ、違います!
オイルパンの下部にあるドレンボルトを見つけたら、ポイパックをそのボルトの位置より少し前方よりに置いてください。

なぜか?

d0229598_20571797.png



ドレンボルトを外してオイルが排出し始めると、暖まったオイルは柔らかい分、勢いよく前方に飛び出していきます

MEMO: よく、フィラーキャップ(オイル注入口の蓋)を緩めておくとオイルの排出がスムーズと言われていますが、逆にあまりに勢い良くでないようにするには、そのフィラーキャップを締めたままにしておけば、排出オイルがゆっくり出てくるようにできます。

ドレンボルトは地面に這いつくばって初めて発見できます。
メンテしてるぜ感、抜群の作業です(笑)

※走ったばかりの時はエキパイが高温ですから触れないように!
エキパイは15分もすれば触れるくらいに冷めますので、車体に触れる作業はその後開始するのが良いと思います。

d0229598_2151712.png


ドレンボルトは19mmソケットで緩めます。一端緩めばあとは手で回せますが、漏れ出した高温のオイルに触れることになるし、ドレンボルトがオイルと一緒にポイパックに落ちてしまうのを防ぐために、ロングアームに手回しグリップをセットしてラチェットを回します。ボルトが緩んだらラチェットのみ外して手回し。これでボルトに触れずに取り外しできます。
d0229598_22132467.png

d0229598_2129033.png


※トルクレンチを持っていても、ボルトを緩める作業はトルクレンチを使わないこと!トルクレンチは精密工具なので、無駄な負荷は精度に影響します。基本締める作業のみで使います。


オイルが出てきました。
d0229598_217610.png


フィラーキャップが閉まっていれば比較的穏やかに出てきます。
ここでオイルの放射線を把握して、ポイパックを理想の位置に調整したら、初めてフィラーキャップを緩めてクランクケース内にエアを入れます。(エンジンの右側にあります)

d0229598_218875.png


ケースの中にエアが入ってオイルの出が良くなりました。
d0229598_2192842.png


ある程度オイルが抜けて勢いが無くなってきたら、ポイパックを後方へずらし、次にオイルフィルターを外します。オイルフィルターは使用している物によって使う工具が違いますのでご確認を。この時ばかりは、手で緩めたフィルターから漏れるオイルで、確実に手がオイルまみれになります。軍手にも染みこみますから、汚れたくない人はゴム手などをオススメします。オイルまみれのフィルターを回すのに、滑り止めでゴム手の方が都合が良かったりもします。

すみません、外す写真撮り忘れましたので、落ちた画で。。。
d0229598_21142014.png


これで、オイルが完全に抜けきるまで待ちます。
d0229598_21121459.png


結構かかります。ここは是非焦らず、彼女にでも電話して愛を確かめあったりしましょう。丁度、彼女を疑い始めた頃に、オイルが抜けきっているでしょう。


まだNEWオイルは入れません。
排出のために外した部品のところは穴だらけです。それらを埋めなくていけません。

まずは交換用のNEWオイルフィルターを。
フィルターのパッキン部分にはこれから入れるNEWオイルを指先で少し塗っておきます。締まりがスムーズになります。
d0229598_21185052.png


フィルターをエンジンに取り付けます。
すみません、取り付ける写真撮り忘れました(汗)(汗)

フィルターホール回りの古いオイルなどをウエスで拭き取りましょう。

フィルターの締め付けトルクは10Nmです。
d0229598_2120131.png

d0229598_2120448.png

トルクレンチがカチッと鳴ったら締め付け完了です。
10Nmってのはかなり軽いトルクです。もしトルクレンチを持っていない場合は、締め付けるレンチの握りポジションに注意です。なるべく根元の首を持って(締めている方)テコの原理が弱くなるようにして締めます。そこで「締まったな?」という最初の感覚が来たところで終わりです。(ほんとか?ww)

次に、ドレンボルトに新しいドレンパッキンを入れて締め込みます
使えるドレンパッキンはこちらのリンク
d0229598_21254980.png


ドレンボルトの締め付けトルクは25Nmです。
d0229598_21272882.png


すみません、取り付ける写真撮り忘れました(汗)(汗)(汗)

ドレンボルトを締め込む際も、穴の回りの古いオイルなどをウエスで拭き取りましょう。
しっかり締めたら、いよいよNEWオイル注入です。

僕が愛用しているのは。。
NWJCのEPL-PLO-TTオイル/15W50(PL500:3%配合)
d0229598_2132873.png



ごく、ごく希にですが。。。

このプルトップ開口に惨敗する方もいるようです(笑)
motoは賢いので全勝です w
d0229598_21342339.png


このEPLは1本1リットル入りですが、サービスというか余裕を持ってというか、いつも若干多めに(50cc〜100cc)入っていることがあります。なので必ずこの目盛りのある容器を使って、きっちり1リットルずつを、まずは3リットルまで入れます。
d0229598_2138535.png

d0229598_2138372.png


3リットル入れたところで、一度エンジンをかけます。
エンジンをかけることで、空っぽだったエンジン内部にオイルを行き渡らせます。
今回はセンタースタンドでアイドリングのまま1速〜5速まで入れてタイヤを空転させました。これでギアも含め全域にオイルが回ったことに(なったはず。。。。)
ものの30秒〜1分ほどでエンジンオフ。再びオイルが落ちてくるのを待ちます。

5分ほど経ったら、次はオイル窓を見ながら300ccずつくらい入れていきます。
勿論、自分のバイクのオイル適正量を把握している人は最初から目的の量を入れて構いません。

しかし、オイルを抜いた時の場所、地面の角度、気温、また、その時のオイルの硬さや温度によって、抜けきる廃油量に差が出ることがあります。
ということで、場合によってエンジン内部に古いオイルが結構残っていることがありますから、ボンネは満タン3.8リットル、と決めつけて最初から全量ぶち込んでしまうと、実は入れすぎ!になることもあります。ので、できれば最後は調整しながら少量ずつ、が望ましいのです。

最終的に、3.7リットル入りました。
d0229598_21492452.png

窓の右側のライン、上部がアッパー(上限)下部がロアー(下限)です。
中間くらいにあれば良いでしょう。フィラーキャップをしっかり閉めるのを忘れずに!


前回の交換時は3.6リットルでした。

この差はなにかと言うと、僕はいつも、自宅前のスペースでオイル交換している時、地面が僅かに傾斜しているので、バイクを登り方向に向けてやっています。でも今日は下り方向に向けてやってみました。ここでいつもは抜けきらなかった古いオイル残量100cc分が今回は抜けた、という事だと思います。

※ちなみに、オイルは少し多くても問題ありませんが、オイルが多いということは、エンジン停止中のオイルパンの中のオイルのプールが深くなる、ということなので、内部のクランクがオイルに浸っている面積が多くなります。特に硬めのオイル(僕のEPLは15W50)などは、夏場は良いですが、寒冷期などの朝はエンジンが冷えているとオイルがかなり硬い状態なので、始動の際に、セルが硬いオイル浸って抵抗のあるクランクを回す力が足りず、セルを回しすぎてバッテリーが死んでしまうこともあります。(ありました)

なので、もしも冬場の朝に「セルは元気に回るのにエンジンがかからない!」なんて症状が出たら、もしかしたらオイルの入れすぎ?かもしれません。

オイル交換が完了したら、またテプラで次回交換時期をマークします。
d0229598_2157234.png


以上で終了です。

オイルは地域によって捨て方が違うと思いますが、多くは「燃えるゴミ」として出せると思います。なので理想のオイル交換日は「燃えるゴミの日」の前日が望ましい?ですね(笑)


オイルの選び方/高級品?安価品?

オイルの選び方は、人それぞれかと思います。
ただ、高いオイルがベスト、とも言えないと思います。

例えるなら・・・

あまり乗らないで、保管が長い人
使わない事でのオイルの劣化と、久々にバイクを動かした時の機関への摩耗ダメージを最小限にするために、少しお金をかけて良いオイルをいれた方が良いかと。

いつも乗りまくっている人
オイル交換サイクルが「距離」だけでなく「期間」としても早い人は、常に新鮮なオイルをバイクに供給してくれるので高級なオイルでなくても問題ないと思います。

後は夏場に適したオイル、冬に適したオイル、オールシーズンなオイル、高回転を得意とするオイルなど、色々ありますが、オイルを売っているお店に自分のバイクライフの状況を相談すれば、適切な回答をもらえると思います。

以上!


Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-17 22:13 | Bonnieメンテナンス | Comments(18)
サイドスタンドセンサーのメンテ
今日は、時々は見てやりたいサイドスタンドのメンテを。
可動部を洗浄してから、こいつをグリスアップします。

d0229598_20294528.jpg


サイドスタンドの根元、ここにプッシュ式のセンサースイッチ(ポッチ)があります。※写真ではスタンドのナットを外してある状態です。

スタンドを立てると、スイッチが押されセーフティセンサーがONになり、「ギアを入れるとエンジンがストップ」するモードに。

スタンドを上げていれば、センサーがOFFになっている状態で「ギアを入れてもエンジンが切れない」モードに。

これ、意外と知らない人も多く、このセンサースイッチのグリス切れなどが原因で、スタンドを上げてもこのポッチが戻らないことがあります。

結果。。。

ギアを入れるとなぜかエンジンがストールする!!

なんて症状に。

はい、いわゆる”今更聞けないバイクの某”です。

こんな症状が出ても「あ!壊れた!!」って慌ててバイク屋に持ち込んで工賃とられないように、日々のプチメンテです。

スタンド可動部の動きが鈍いと、発車前のスタンドの跳ね上げがスムーズにならなかったりで、足つきが良くないライダーは立転けの危険もありますね。

このセンサーパーツは、小さいブーツを履かせてあるので、時々それを脱がしてクリーニングして、適度にシリコンでグリスアップしましょう。

こんな感じの動きです。




今日はもうひとつ、バイクをイジリました。

d0229598_20375475.jpg



お馴染みのSwept Back エキパイ +TOGAサイレンサーから、純正エキパイ+ノーマルサイレンサーに(笑)

つい先日車検で変えたばっかりなのに、何回やってんだこれ。。。

しばらく純正サウンドで、静かに乗りませう。

純正エキパイでも、このエンジンガードは似合うなあ。



Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-11 20:47 | Bonnieメンテナンス | Comments(8)
初ユーザー車検(構造変更)
本日のお仕事が夕方からになったので、来週に予定してたボンネのユーザー車検に前倒しで行ってきました。ハンドルをW1タイプの幅広にしてあるので、そこは純正に戻さずに構造変更としました。
ボンネは一昨日、車検に必要な箇所をノーマルにしてあります。ステダン、パニアはそのままで行きました。

昨晩のうちにウェブで予約。便利な世の中になりました。

ユーザー車検初体験のmotoとしては、かなりドキドキです(笑)

朝イチの第1ラウンドを予約したので、朝テスター屋に光軸調整なんぞ行っている時間はない!と思い、前夜にダメもとで自分で調整してみることに。
d0229598_048478.jpg

d0229598_0465410.jpg

なんとなくネットで拾った情報をもとに、水平で5mのディスタンスを確保できる場所でやってみる。メジャーで5mを測り、壁にライトの高さ×0.8〜0.95あたりにマーキング、このあたりにハイビームの光軸が来ていれば良い(らしい)
d0229598_0493861.jpg

光軸は黒い点としてハッキリ出るので、そこを基準に調整、ライトケースにマーキングしておいた。ライトも力の限り固定。


で、当日、高校受験なみの緊張状態で早起きに成功してしまったmotoは、受付時間の30分以上前に陸運局に到着。当然、まだ受付は空いていない。。。まばらに先着が数台待機していた。

d0229598_138630.jpg


しかし寒い・・・・。
自賠責も加入しなきゃいけないし、時間も空いているので、近くのテスター屋さんに光軸の再チェックかねて行ってみることに。

テスター屋さんにて光軸チェック中。
d0229598_0515382.jpg


moto「ぜんぜんズレてます? 昨日自分でやってみました」
テスター「いや、完璧にキテます」
moto「まじで?」


なんか合ってたみたい(笑)
結局、まったく調整せずお終い。なんだ、調整代、損したw
まあ、安心材料とすれば良しか。

ここで自賠責に加入して、いざ車検場へ。

ちなみにユーザー車検初心者motoなので、偉そうに皆様に語れるレポートではありませんのでご了承を・・・。

なのでサクッとw

まずは窓口で「構造変更です」と言うところから始まりました。

それにしても、役所ってのはほんとに分かりにくい!
窓口の人も毎日のルーティンワークだから、ああいう対応になってしまうのも無理ないけど、もうちょっと分かりやすく教えてほしいものです。人の良さそうな窓口に若いお兄さんに何度も聞いてようやく理解する。もうmotoはオジサンなので、若者より理解力が明らかに劣っているのだ。

まあ本来は一般人が訪れるところではないから仕方ないのかな。。。

書類のもらいかた、証紙の貼る場所、記入内容、どれもチンプンカンプンなmotoは慣れた人にどんどんぶち抜かれ出遅れる。。。バイクでは朝一番に来たはずなのに、レーンに列ぶ頃には5番目くらいに(笑)

2輪レーンへ。みなさんのブログで見たあの風景が目の前に!
すこぶる緊張します(笑)
d0229598_058354.jpg


優しそうな検査官が近づいてきます。
聞かれるより先に「初めてです!」って叫ぶmoto(笑)

まずは車体サイズの計測(今回はハンドルそのままにしたので構造変更申請です) 全幅はブレーキレバーとクラッチレバーの端で計測。そして各種灯火類チェック、ホーン、フレーム番号、エンジン番号、などなど。
d0229598_143020.jpg



いよいよラインへ。ここからは写真なんぞ撮ってる余裕なし。
別のオジサン検査官が「初めてのmoto専属」でラインに付き添ってくれます。

ブレーキ検査
メーター検査
光軸検査
排ガス検査


終始、「はい!・・・はい!」って検査官の言いなりのmoto。

どれも無事合格。あっという間の5分くらい?
専属の検査官に「終わりです、そこに行ってハンコもらって」と言われた通りの場所にハンコをもらいに行く。そこで------

ハンコ係「あれ?重さは測った? 写真は撮った?」
moto「いえ、もう終わりだって言ってました」
ハンコ係「なんで?構造変更でしょ? 重量と写真は?」
moto「・・・・(知るか!)・・・」
ハンコ係「はぁ・・・バイクここに持ってきて、写真撮るから」


・・・・わけわからん。。。

で、なぜか写真だけ撮られる。重量のことは置き去りに・・・
撮った後のその係員、何も言わずに去って行く。。。

moto「あのー・・・僕はどうすれば。。。」
ハンコ係「ああ、終わりです。中でハンコもらって」


・・・・・大人なので我慢しましたけど。。。。


しこたまハンコを押された申請書。でっかく「構造変更」とある。
d0229598_135490.jpg


おとなしく車検証の交付を待つ。ホッとする時間。
d0229598_155468.jpg


無事にGET。
d0229598_3221562.jpg


構造変更では、幅が82cmだったのが87cmに変更。高さは同じでした。
d0229598_195991.jpg


今回は継続車検ではなく構造変更したので、車検残期間を少し無駄にしてしまったのが残念。

おきまりの車検費用

自賠責保険*****14,110円
申請書類代*****20円
重量税証紙*****3,800円
検査代証紙*****2,000円
光軸テスター代***1,500円
整備費用******0円

合計:21,430円



10時前には終了したので、帰宅してすぐ、作業開始。
そうです、またもやフルカスタム。

作業内容は、いわゆる一昨日の巻き戻しです(笑)


エキパイ用にガスケットを用意
d0229598_1133379.jpg

Swept back + TOGA
d0229598_1142919.jpg

二次エアシステム取り外し
d0229598_1154828.jpg

d0229598_1162066.jpg

取り外した箇所にキャップをする
d0229598_1171243.jpg

d0229598_1174429.jpg

d0229598_11893.jpg

ダイノジェットとメインジェットを戻し
d0229598_1184285.jpg

エアクリーナーをK&Nに戻し
d0229598_1191372.jpg

ライトをルーカスに戻し
d0229598_1195918.jpg


スクリーンも装着して14時には見慣れたボンネが帰ってきました。
d0229598_1205278.jpg


車検の間の短い時間ノーマル状態でしたが、それはそれで乗りやすかった。
でもやっぱりなんか物足りない♪。結局こうしてしまうわけです。

そのままダッシュで仕事場へ。

お仕事帰り、都内からの夜中の高速で、少し元気に飛ばしてやりました。4000回転越えたあたりの元気な音を出すボンネが益々お気に入りに。また2年間よろしく。

初めてのユーザー車検、とても良い経験でした。
そして皆さんがおっしゃるように、決して難しいものでは無かった。構造変更でも継続車検と特に大きく変わったことは無い。書類に少し書く欄が増えるだけ。

これで次からはもう少し手慣れた感じでできるかもw



Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-09 01:44 | Bonnieメンテナンス | Comments(26)
ボンネ・ノーマル一気戻し!for 継続車検
今週は出張後ということで3日間は休めます。

間もなく迎える車検満期は2月半ばだけど、継続車検なのでとっとと受けてしまえ!と思い、早速カスタム箇所をノーマル戻し作業開始しました。
d0229598_2031152.jpg


大雪警報もあっさりハズレ、雪から雨に。
午後から小雨になったので作業開始。


今日完了した箇所は。。

*エキパイ&サイレンサー ノーマル戻し
*二次エア還元装置 戻し
*エアクリーナーをK&Nから純正に
*ダイノジェットをノーマルに
*メインジェットをノーマルの110に
*ヘッドライト一式を純正に
*タンデムベルトを装着





まずはエキパイ&サイレンサーを現在のSwept-Back & TOGAからノーマルに。
d0229598_19381863.jpg


すっきり細くなった(笑)
d0229598_19424431.jpg


やはりノーマルも良い雰囲気ですね。
d0229598_19442128.jpg


パニアとのラインもバッチリです。
d0229598_19452858.jpg


お次はダイノジェットをノーマルに戻し。
スプリングとニードルを純正品に戻し、ジェットも純正サイズに。
d0229598_19464819.jpg


エアクリーナーも純正に。
d0229598_19475195.jpg


そしてコイツ。キャンセルしていた二次エア還元装置を取り付け。
d0229598_19484651.jpg


タンク外して・・・
d0229598_19492326.jpg


ついでなので掃除して・・・
d0229598_1950257.jpg


装着!(上のホースまだ繋いでないけど)
外しにくくなるプラグも掃除しておきました。
d0229598_19504263.jpg


お次はヘッドライト。
現在のルーカスタイプは、光軸調整ネジがついてません。
光軸調整機能が無いと、面倒なことになりそうなので純正に戻し。
d0229598_19522727.jpg


あ〜めんどくさー・・・・。
これをまたあのルーカスの小さな穴に入れるのか・・・

ライトが一番手こずりました(笑)
バラバラにしていた純正ライトを組み上げるのに悩むこと。。。。
d0229598_19535727.jpg


ついでなので、ライトが動かないようにこいつを噛ました。
d0229598_19545112.jpg


効果あるのか無いのか・・・よくわからん(笑)

そういえば!忘れるところだったタンデムベルトの装着。
d0229598_19555971.jpg


以上で本日は陽が暮れて終了。

明日は引き続き・・・・

*ハンドルを純正に
*リアブレーキパッドを交換(ちょうど交換時期)
*オイルを交換(ちょうど交換時期)
*フロントブレーキディスクを純正に(パッド減りが早い。純正に戻す)
*ステダン取り外し



我ながら、純正一気戻し!な猛ダッシュ整備(笑)
またカスタムするのも良いがちょっとメンドクサイ。。。。
しばらくこのままで乗ろうかな・・・。


明日は晴れ!!



Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-06 20:01 | Bonnieメンテナンス | Comments(24)
車検のために
d0229598_2050336.png


ボンネビルが、2月半ばに初の車検を迎える。

納車から2年の間にあちこち手を入れたので車検にむけて色々やらなくてはいけない。

備忘録としてリストアップ。

*二次エア還元装置を戻す(無くてもいける??)
*Swept Back エキパイをノーマルに
*サイレンサーをノーマルに
*ハンドルをノーマルに
*ステダン取り外し
*ヘッドライトレンズをノーマルに
*光軸ズレを止める為のワッシャ挿入
*スクリーン取り外し
*各種消耗品整備&整備録記入



これだけやれば車検は問題無いはず。が。。。。
ダイノジェットとジェット類は、排ガス検査でどう出るか。。。
明らかにガスは濃くなっているのだ。

ということで・・・・

*ダイノジェットキットをノーマルに
*MJ/SJをノーマルに


とりあえず万全な体制で臨みましょう。
車検後にまた元の状態戻すのも、もう一度カスタムしている感じで楽しいかも(笑)

現在のW1タイプハンドルの幅は、車検規定範囲であるプラスマイナス2cmを越えている(5cm越え)のでノーマルにしないとだめでしょう。もしくは構造変更申請しちゃうか。


ユーザー車検経験者の方で「これは大丈夫だったよ!」な経験談あったら是非教えてください!!motoはユーザー車検初体験です。。。
というかバイク車検初体験。今までは車検前にサヨナラパターン。


できればハンドル、エキパイ、二次エア還元装置はそのままでいきたいところだが。。。世の中そう甘くはないよなー・・・・・。







Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-05 22:36 | Bonnieメンテナンス | Comments(27)
パンクした
めでたく初のパンクです。。。


今日はお仕事でお台場の会社に行ってました。
夕方、表参道へ移動する前に、ちょっと近くのお店に寄り道しました。そこまではボンネは快調そのものです。駐輪場にバイクを停めて、お店へ入ります。


結局お店では何も買わず、30分ほどでさっさと駐輪場へ戻って移動しようとボンネのスタンドをあげると。。。


バイクが。。。


低い。。。。

そしてやけに重い。。。。




まさかのリアタイヤが パンク!

お初です!めでたい!

d0229598_21153362.jpg


がっつり刺さってます。なんだか太っい金属が。

参りました。。。
初のパンクですよ。

さあ、どうしたものか。

こういう時こそ、男らしい危機管理能力を問われます。

パンクなんて最悪の事態に、がっくり頭を垂れていたmotoは、あきらめちゃいけない!と顔を上げました。すると。。。。

d0229598_21161388.jpg



あら。。。

忘れていました。そういえばここは、バイク用品店ライコランドの駐輪場でした(汗)


なんとまあ、

ライコランドの駐輪場でパンク
  ↓
  ↓
ライコランドでパンク修理



これって運が良いのか悪いのかよくわらかんが、まあいいか。

刺さっていたのは、巨大ホチキスの破片。
シートレザーとかを留めてるヤツと同じようなの。

d0229598_2244481.jpg


お会計:

交換チューブ  2520円
交換工賃    2625円
サイレンサー脱着 2100円
外車特典!   1050円

合計       8295円



えーーー!!
高!



いつも、リヤタイヤ交換しても1万ちょいだけどな。。。
チューブ交換だけでも、タイヤ交換と変わらずこんなにするのか。。。

しかも外車料金とか、サイレンサー脱着料金とか、オプションフィーが。。。。
自分で外せば良いのかな??

文句ばっかりで何ですけど、毎回思いますが、ホイール脱着した後は、リムにベタベタとついたメカニックの油まみれの手垢くらい最後に拭き取ってほしい。そんだけ高い工賃なら、それくらい入れといてくださいな。ビードグリスで真っ黒じゃないか!


でもでも、なんだかんだ、いつも世話になってますけど(笑)







Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-01-23 21:35 | Bonnieメンテナンス | Comments(26)
オイル交換・パッド交換・K&Nフィルター掃除etc
本日はメンテナンス大会でした。

d0229598_19543833.jpg


エンジンオイル交換
Fブレーキパッド交換
Fブレーキ・マスターの整備
内圧コントロールバルブの清掃
K&Nフィルターのクリーニング
チェーン調整etc


上記6つの作業を午前中に終わらせるべく、朝9:00から同時進行です。まずは作業順序をざっくり。同時進行させているので効率優先です。作業カテゴリー別に色分けです。

近くを10キロほど走ってオイルを暖める(オイルを柔らかく)

エンジンオイルを抜く(オイル抜け待ち)

オイルフィルターを外す

K&Nフィルターにクリーナ塗布

内圧コントロールバルブの清掃

Newオイルフィルターを装着

ドレンボルト装着 with New ガスケット

Newオイルを入れる(EPL PLO-TT 3.8L)

K&Nフィルターを水洗い→乾燥(乾燥待ち)

ブレーキキャリパーを外す→パッドを外す

キャリパーを洗浄&グリスアップ

Newブレーキパッドを装着

キャリパーを車体に装着

Fブレーキマスターピストンの清掃


乾燥したK&NフィルターにK&Nオイルを塗布

エアフィルターを装着


エンジンをかけてオイルを回す

オイル残量を確認


チェーン調整

愛情たっぷりでボンネを磨く




という感じで、同時進行レポートです。
ざっくり写真ダイジェスト(笑)

まずはエンジンオイルの交換。
前回交換から3000kmです。
d0229598_2158522.jpg


前回フィルター交換スケべったので汚い!
d0229598_19551885.jpg


オイルフィラーキャップを外しておくと抜けが良いです。
d0229598_19565131.jpg


オイルが抜けている時間を利用して、別の作業をします。
d0229598_20016.jpg


K&Nリプレイスメントフィルターを清掃。フィルター装着以来(何キロ走ったか忘れた)一度も掃除してません(汗)
このくらいの汚れの状態が、ダメなのか、まだ大丈夫なのか良くわかりませんねー・・・。
d0229598_20114571.jpg

キットになっている専用のクリーナーを外側からたっぷり吹きかけます。
d0229598_20133567.jpg

すぐにドロドロと汚れが染み出てきました。。慌てて新聞紙を・・・。
d0229598_20152162.jpg

しばらくこれで放置します。その間別の作業を・・・

内圧コントロールバルブの掃除。
d0229598_201305.jpg

戻りオイルが乳化してます。。。毎度のことですが。
d0229598_2024066.jpg

ホースの中も当然同じ。。。
d0229598_203336.jpg

パーツクリーナで掃除。ホースも車体から外して中を洗浄しました。
d0229598_2045394.jpg

d0229598_2071876.jpg

車体に戻してホースもシリコン浸透させて終了。
d0229598_2091436.jpg


そろそろエンジンオイルが完全に抜けきりました。
オイルフィルターのパッキンにNewオイルを塗って・・・
d0229598_20214552.jpg

オイルフィルターを規定トルク10Nmで装着。
d0229598_20204632.jpg

ドレンボルトにNewガスケットを装着
d0229598_19582345.jpg

ドレンボルトを規定トルク25Nmで装着。
d0229598_20223288.jpg

EPL PLO-TT オイルをまずは3.6L(規定値3.8L)注入。
d0229598_2024819.jpg

とりあえずオイルを入れ終わりました。この辺でK&Nのエアフィルターの汚れが落ちきった頃です。水道水のシャワーで内側から汚れを流し、脱脂状態にします。
これが洗浄後。オイルのピンク色が無くなっています。
d0229598_20273429.jpg

次にオイルを塗るのですが、塗る前にまた水分除去のため乾燥待ち。
d0229598_20292090.jpg


フィルターが乾燥するまでの間に、Fブレーキのパッド交換です。
今回もブレーキパッドはRKのUA7です。
d0229598_20355764.jpg

まずはパッドピンボルトを緩めておく。キャップボルトを外し・・・
d0229598_20381058.jpg

ピンボルトを緩める。
d0229598_20393781.jpg

キャリパーを外して分解・洗浄・グリースアップ
d0229598_20412162.jpg

d0229598_20425552.jpg

Newパッドを面取り・鳴き留めグリースして組み込み
d0229598_20444964.jpg

キャリパーボルトにはモリブデングリースを塗って
d0229598_20463568.jpg

車体に戻して完了。レバーをポンピングしてタッチが戻れば完了。
d0229598_2048398.jpg

■ブレーキパッド交換詳細記事はこちら


次にブレーキレバーを外すと・・・
d0229598_2050521.jpg

マスターシリンダーピストンが顔をだします。汚い!
d0229598_20511235.jpg

汚れを洗浄して、当たりを出すためピストンシリンダーの向きを変えます。
d0229598_20523272.jpg

向きが変わりました。
d0229598_2054161.jpg

これでラバーグリスでグリスアップしてレバーを組み込み
d0229598_20552886.jpg

d0229598_20564258.jpg

K&Nフィルターが乾燥したころです。
専用のフィルターオイルを塗布。
d0229598_2101434.jpg

ピチャピチャかけると染み込んでいきます。
d0229598_215275.jpg

調子にのって塗りすぎました(汗)真っ赤です。。。重いです。。。
d0229598_216973.jpg


オイルが浸りすぎていると、エアの吸い込みに影響します。
さてもう一回洗浄するのはメンドクサイです。

ということで・・・・
ティッシュをぐるぐる巻いて、洗濯機の脱水モードへ!
余計なオイルが脱水回転の遠心力でティッシュにベットリ!
d0229598_214046.jpg


これで丁度良くなりました(笑)
d0229598_2175888.jpg

エアクリーナーボックスの中は戻ったオイルがプールになっている事もあるので拭き取りましょう!

フィルターを車体に戻したので、エンジンをかけることができます。
エンジンかけて、センタースタンドのまま5速まで入れます。オイルが全域に行き渡ったらエンジン切ってオイルが再び落ちるのを待ちます。オイル量が適正値にきているか確認。少し足りなかったので0.15ほど足しました。

次回交換は41000kmです。
納車から1年8ヶ月で、既に30000km走りました。
d0229598_21511632.jpg


その他、フロントスプロケットケースが汚い!ので洗浄。
d0229598_21123263.jpg

ドライブチェーンが緩んでいたので、少し張って・・・
d0229598_21135876.jpg


空気圧もチェック。リア2.5(規定2.6)フロント2.1(規定2.2)でした。今度スタンドで入れよう。

洗車は昨日済ませたので、シリコンスプレーで車体全体をコーティング。
d0229598_21164890.jpg
d0229598_21193397.jpg

d0229598_2121437.jpg


ピカピカになりました!

ホイール、マフラーなどのメッキパーツにはこれ使ってます。
すごいピカピカになる! NEVER DULLってやつです。


NEVER-DULL

NEVER-DULL

これで磨いて拭き上げるとピカピカです。

というわけで、ドーっとダイジェストでレポートでした。
終了時間13:00。磨きを頑張ったら結構かかってしまった。


これらの作業の詳細をご覧になりたい方は過去のメンテナンス記事で検索を!


今回も一部写真はこちらのカメラマンさんでお送りしました。
恒例の自分撮り(笑)
d0229598_21251450.jpg



昨日、Newアイテムを二つほどネットでポチっとしちゃいました。
来週末の千葉うまいもんツーリングまでに届くかなあ〜・・・

d0229598_2154768.jpg



それでは1週間、お仕事頑張ろう!


H de T スピンオフ・うまいもんツーリングin房総のお知らせはこちら!



INFO:今更ですが写真クリックで拡大(できるようになりましたw)

Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2012-12-02 21:55 | Bonnieメンテナンス | Comments(24)
メンテ with my 娘
昨晩は徹夜のお仕事でした。
朝帰宅して、昼過ぎまで泥のように眠り、またまた真夜中からの仕事の前にボンネのプチメンテを。(で、その仕事から帰宅して記事アップでございます/別に夜のお仕事じゃありません)

d0229598_3511074.jpg


作業は、

あちこちグリスアップ
K&Nリプレイスメント・フィルターのお掃除
フレーム、エンジンの磨き&シリコンコート
アルミパーツの根性磨き

なんだけどー。。幼稚園から帰宅した末娘にカメラを奪われて作業写真無し。。。。

というわけで事後報告Photo。

d0229598_3541434.jpg

d0229598_3544738.jpg

d0229598_3551365.jpg

d0229598_3555128.jpg


やっぱりシリコンスプレーはお手軽でいい♪


では、カメラを奪った末娘の作品集w
d0229598_44168.jpg

d0229598_43274.jpg

d0229598_3572869.jpg

d0229598_3564024.jpg

d0229598_3581273.jpg

d0229598_3584484.jpg



↓↓カメラマン自己紹介(笑)
d0229598_3591394.jpg


なんと20分間の間に50枚以上撮っていた。。。
その中から厳選して(笑)お送りしますw

子供でもやっぱり自分撮りするのね(笑)
エンジン撮ってたなんて、これからのブログ写真は娘に任せよう。



ここでお知らせ!

12月9日は、H de T スピンオフ企画、千葉のグルメ番長うちやさんプレゼンツ「うまいもんツーリングin房総」ですよ!はじめまして!な人、待ってます!行きたい人はうちやさんブログに!

d0229598_423233.jpg




INFO:今更ですが写真クリックで拡大(できるようになりましたw)

Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2012-11-22 04:09 | Bonnieメンテナンス | Comments(21)