ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
リベンジ・クロモリ・リア用アクスル シャフト
************************************
雨天により日程変更しました!
ボンネビル はじめましてdeツーリング with キャンプ!
H de T with CAMP !! 2013 春編!in 本栖湖!!
開催概要はこちら!

************************************

日程変更による新たな参加表明はこちらへ!


クロモリアクスルシャフトのお話、続編w

すばらしく激変したフロント用に比べ、リアはあまり良い効果が無かったなーと感じ、装着後すぐに純正に戻したリア用のPEOのクロモリ・アクスルシャフト

そのレポはこちら。


昨晩、机の上でしばらく眺めましたよ。。。

d0229598_18432072.jpg


改めて気になったこと。
このベアリング接点以外はシェイプされている形状にも、やはり意味があるはず。
d0229598_22363366.jpg


これは、機能(ベアリング接点)とは無関係の範囲には、無駄な接点を作らない、というか不要であると判断した結果だろうか。
つまりはシャフトの垂直性精度への配慮。ベアリング接点より中心部の範囲に垂直性の精度が低い場合、シャフトがまっすぐではなく、山なり、もしくは谷ぎみにホイールに入ってしまうということになる。勝手な憶測ですが。。。。


それなりのお金を出して手に入れたわけだし、現在欠品中という貴重な品物ということもあるし、これはやはり、ちゃんとセッティングしてあげて使ってみよう!と再決心(笑)

メーカーにも、このシャフトへの最適なグリースを問い合わせると、やはりモリブデングリースを想定している(推奨)ことを確認。おそらくはフリクションが少ないグリスだから体感効果もあるというのが狙いにもあると思う。リチウム系に比べ防水性には劣るが頻繁にメンテすればいいかな。


夜な夜な取り付けましたよ、改めて(アホです)

で、今朝、都心まで出るのに少し時間があったので、いつもの東名〜首都高ではなく、少し遠回りして第三京浜〜湾岸線〜レインボーブリッジで行きました。

高速に乗るまでの間に、少しづつサスペンションのセッティング。
前回はダンパーのみの簡易セッティングだけでしたが、今回はプリロードを何度か見直す。走っては止まり、走っては止まりを繰り返し、最終的には今までより2巻き軟らかくした。これがかなりのバランス良い具合に、おお!これならいいんじゃん!ってなとこに。

d0229598_1850349.jpg



で、高速道路に乗る。

ここで、ちょっと驚きの事実が。。。。

本日、第三京浜〜湾岸線はスペシャルな横風でした。

しかし。。。

かなりの横風にもバイクが全く振られない。


先日、日光までプチトリップした時も全国的にかなりの強風で、フロントのみのクロモリのシャフトでは、以前よりは楽だったものの、それなりには横風にやられました。


しかし、今日は前後クロモリのシャフトです。

これが、すごい違いでした。

ライダー自身は突風に吹っ飛ばされそうなのに、バイクは完璧に直進性を維持したままです。大黒埠頭のベイブリッジ上でも、湾岸線でも、レインボーブリッジ上でも、10m以上の横風にバイクは全く影響されない。

メーカー売り文句にも「横風の影響低減」とありますが、ほんとに低減(というか無い)したのです。これなんで???

メーカー売り文句の"転がり抵抗軽減"による直進安定性のおかげ?

ベアリングとのクリアランスのフィッティングによってトラクション性能が上がったから?


とにかく、あれほどの横風なら二馬身くらいはピューって流されてしまうような時でも、バイクはまっすぐ、僕の頭だけ横風で傾いる始末(笑)

ぶっちゃけ、ハンドル片手でも大丈夫です。

不思議だ。

勿論、どこかに限界はあるだろうが、「今日は風がしんどい」って思うような状況ではなんてことはない。


いうわけで、クロモリ・アクスルシャフト、リア用も「横風」に絶大な効果有り!訂正させていただきます(汗)



転がり抵抗軽減 とは?

固定されているはずのアクスルシャフト&ベアリング(インナーレース部)なのに、メーカーの言う"転がり抵抗軽減"の理屈、走りながら色々考えました。そしてその"メカニズム"が、ようやくわかってきました。ってメーカも動画で説明しているけど、今ひとつ理解できてなかった。。。

ベアリングインナーレースアクスルシャフトとのクリアランスが広い純正シャフトは、車重と車軸、ベアリング自体の回転負荷をインナーレースの下側で一手に受けている(下方に偏っている)状態です。これだとベアリングの回転にも均一な力が働かずスムーズではありません。

d0229598_1956969.png


それを、インナーレースの内径とピッタリ合う、精度の高いこのシャフトにすることで、車重、車軸によってベアリング回転負荷のかかる場所が、ベアリングインナーレース全体に均一になり、ベアリングの転がり抵抗負荷が360度に近いフラットになる。

d0229598_19563923.png


これによって、360度で転がり抵抗を低減させるベアリング機能にとって最良の状態になる というわけだ!(違ったらすんません)

そしてこの「ピッタリ感」が剛性感となって体感。のような。

ってトラボンタロウさんも、既にご理解していたような。。
僕だけ今更理解、した(かも)・・・



★関連記事

クロモリ・アクスルシャフト・フロント用レポ
クロモリ・アクスルシャフト・リア用レポ- その1


とブログ書いてたら、ゆいぷんさんから秘密兵器が届きましたよw

今日はこれからやることあるから、取付は明日かな!

d0229598_19162284.jpg




新設!
ボンネビル自由帳はこちら!
ボンネオーナーみなさんに質問!時々チェック願います。
きっと誰かが困ってます!


ボンネビル用パーツリンク




Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-04-12 19:45 | Bonnieカスタム
<< ボンネビル合同メンテ大会! リアにもクロモリアクスルシャフ... >>