ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
失敗!耐熱塗装・・・
先日のクラッチカバー耐熱塗装。。。

結論から申しまして失敗に終わりました。

今朝、仕事場について塗装部分を確認してみると。。。

d0229598_19302655.jpg


なんですか、これは。。

ジーンズが擦れ、繊維が付着してます。

まだ乾いていない。。。
そういや耐熱っていっても、もしかしたら。。

シフトペダルも。。。

d0229598_19414381.jpg


LAVEN耐熱塗料 スプレー缶の裏をもういちど読み直しました。

そしたら。。超小さい字で。。すみ〜っこのほうに。。

"高温部(150度~200度)以外に使用した場合は、塗膜がベタつくことがありますので、150度~180度で15分以上加熱乾燥してください"

と。。。

つまり、焼着塗装ってことかいな!

てっきり、お手軽耐熱塗装グッズかと思ってたよ。。。

そういう大事なことは。。。

もっと大きな字でですね。。
よく見えるようにに書いてもらいたい。。

そりゃクラッチカバーじゃ150度には達しないでしょう。

ホームページには赤字で注意書きが載っているのに、 商品に赤で書かないでどうする!

こんなバカでかいモノを"150度~180度で15分以上加熱乾燥しろ"って、どんな手段だ?? ご家庭じゃ、火事にでもならない限り無理です。

火事はいやです。
はい、やり直しです。というかクリア塗装はやめます。

勉強不足でした。反省。こんな事も知らなかったのか。。。

ガラス質の乾燥前なので、どうやらガソリンやパーツクリーナーでも簡単に剥離できちゃうようです。それが不幸中の幸いなんだか、どうなんだか。。。

まあ落ちなかったらまたボンスター攻撃ですよ!

というわけで、大きな高熱処理の設備の無い方は、超高温になるエキパイ以外にはこのスプレーは使っちゃいけません!


で、勉強しました。私、基本的なことを知らなかったようです。
そもそも耐熱塗装というものは、ガラス質で構成されるので、高温加熱が乾燥の前提であって、一見乾燥しているように見えるのはスプレー溶剤などの水分であり、主役の成分であるガラスは硬化しておらずベタベタ状態。。。だそうです。これ、基本的なこと(汗)

焼着塗装ってのは知ってたけど、これもそうだったとは。。。


DIYも日々勉強です。
明日の通勤でまたベトベトになりたくないので、今晩、寒空の下でもくもくと作業ですな。

空もブルーですが気持ちは更にディープブルーですよ。

d0229598_19401921.jpg



新設!ボンネビル自由帳はこちら!


Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2013-02-25 19:46 | Bonnieメンテナンス | Comments(19)
Commented by silva at 2013-02-25 20:48 x
お疲れさまです。
意外とこういう失敗談って成功例よりも役に立つんですよね。
ボクは失敗談はほぼ記事にしませんが・・・
Commented by jun at 2013-02-25 21:14 x
耐熱塗装、残念でした(>_<)

またまた、磨きぬいてください(笑)
Commented by Bonnie侍 at 2013-02-25 21:56 x
なるほど。
確かに、エンジンなんかを塗装した人のブログみると、何度以上で何分以上熱入れするって書いて有りましたね、確か。私は一時エンジンを黒く塗ろうとして、調べた記憶があります。。。忘れてましたケド。
Commented by motor-moto at 2013-02-25 22:33
silvaさん、人柱でございますw
これは完璧なる失敗(笑)でも2度と同じことはしないでしょうから、まあ良かった。とします!
Commented by motor-moto at 2013-02-25 22:34
junさん、はい、早速、今し方磨きたおしました(笑)
またもやピカピカですよ〜w
Commented by motor-moto at 2013-02-25 22:35
Bonnie侍さん、みたいですね。大失敗です。これだから素人が下手なことやっちゃあかん!って職人に怒られそうです!
でもやっちゃうんです!素人だからこその勢いで(笑)
Commented by turtle at 2013-02-25 23:05 x
motoさん、やっぱり人間味があっていいなぁ!(笑)
雲の上の存在かと思っていましたが、ちょっとだけ、下がってきて
下さってありがとうございます。(笑)
すべて、完璧なのは趣味として・・・・・・ね。
まぁ、わたしはすべてが・・・・・・・・ね。(笑)
Commented by JIGEN3 at 2013-02-25 23:48 x
うーん、相変わらず参考になります。

僕のもアルミ腐食酷くて、某バイク王あたりにメッキ加工出そうかと見積もり検討してました・・。

ハイ、楽(ラク)しちゃイカン!ですね。 楽しくない(笑
Commented by motor-moto at 2013-02-25 23:57
turtleさん、人間ってこれだから面白いですね!
バルタン星人だった頃はあまり楽しい思い出がありません。
Commented by motor-moto at 2013-02-25 23:58
JIGEN3さん、でしょ!相変わらず参考になるブログ目指して日々身を削ってますよ(笑)
でもこれからはなるべく自分を大事にします(笑)
Commented by fuku_sixty at 2013-02-26 09:22 x
お疲れ様です。
耐熱塗装は難しいんですね(^_^;)
しかし、丁寧に詳細を書かれているので大変参考になります!!
Commented by motor-moto at 2013-02-26 11:16
fuku-sixtyさん、参考にしてくださいw 悪い例のほうで(汗)
難しい。。。というよりは知識不足ってやつですね。。。
Commented by とらきち at 2013-02-26 15:19 x
それ用のオーブンとかにいれて焼くしか方法ないんでしょうか?
そうゆう施設が整っている貸しガレージとか探す??
んーなんとも悩ましいかぎりですねぇ・・・
普通のクリヤーだと剥げてきちゃうのかな?
Commented by motor-moto at 2013-02-26 21:40
とらきちさん、フツーのクリアって耐熱はどれくらいですかね。
おそらくクラッチカバーは70度もいかないように思います。でもちょっと勇気が無い。。。w
Commented by non at 2013-02-26 21:58 x
初めてカキコいたします!
いつも楽しく拝見させていただいてます。今回は残念でしたね...まあ人間ですから失敗あっての成功ありです。先日、丁寧な記事のおかげでオイル交換ができましたよ。ありがとうございますっ
頑張ってください
Commented by motor-moto at 2013-02-26 22:12
nonさん、はじめまして!
オイル交換ご苦労さまです。自分でやると愛着倍増しですねw
わたくしは今回は残念な。。。でもこれもまた楽しい遊びです!
Commented by ゆいぷん♪ at 2013-02-26 23:40 x
コンバンガ(^O^)/
工業用ドライヤーを使えば・・・温度的に出せるけど!周辺の部品に影響でます(/_;)焼き付け塗装してもアルミ地は絶対に黒シミやアルミの白い腐食がでます、何度か今後も手直しされるならウレタン塗装で2:1か3:1のクリアならそこそこの耐久性能出せるそうです♪
ウレタン塗装なら手直ししてまた塗り直しが効きますし!
オイラは、塗装せずにある程度磨いた後に、廃油を塗って薄黒く曇りかかったアルミ地にしてみようと企んでます(^^♪
旧車のような味のあるアルミ地に(^^ゞ
Commented by motor-moto at 2013-02-26 23:54
ゆいぷんさん、なるほどです。参考になる話ですね。
やっぱそのままで行きますよ。それがいい!
旧車のような味の??? 僕のは既に旧車みたいな。。。。
Commented by ゆいぷん♪ at 2013-02-27 00:38 x
こんな感じの
http://2.bp.blogspot.com/-bFv-QPc4-uM/T4A3PJGNZxI/AAAAAAAACvM/TSwd3cJV6KQ/s1600/IMG_7429.JPG 少し重みのある感じ!!
<< ブレーキパッドの互換性で節約メンテ クラッチカバーを耐熱ペイント >>