ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
フロントフォークオイルの交換
Information
ボンネビル「はじめましてdeツーリング 春編!」開催についてはこちら!


関東地方は今日も雨です。。。。
本日はフロントフォークのフォークオイル交換を行いました。

フォークオイルは、1年前にFスプリングをWPにした時に同WPの#10が入れてあり、約20,000キロ使用しました。フォークオイルの交換サイクルは使用環境によりマチマチですが、15,000キロ〜20,000キロ毎交換ぐらいがよろしいようです。20,000キロなんて、普通のライダーなら2〜3年かかるものだが、僕は毎日乗るので1年で20,000キロになってしまいました。。。最近、少しハードなギャップの通過等で、本来のWPスプリング効果が薄れているかも?と感じ始めたのでボチボチ交換かと。

交換に際して用意したモノはこちら。
d0229598_1611978.jpg

WP/カートリッジフォークオイル #7.5/1L 3500円くらい
・メスシリンダー500ml/キジマ製 1500円くらい
・フォークオイル用レベルゲージ/ストレート社 1700円くらい



オイルはこれまでの#10から、1段柔らかめの#7.5をお試し。
フォークオイル交換のため、事前にノースウィングJCさんへ問い合わせして、WPスプリングの場合のフォークオイル交換情報を教えてもらいました。

オイル油面:130mm
オイル容量:450ml/フォーク1本あたり
プリロードアジャスタ基準:トップから15mm


作業の前にボトルの蓋を開封して、液体中のエア(気泡)をなるべく抜いておいた方が後で楽です。
d0229598_16121366.jpg



さて作業開始です。まずは。。。

・フロントをジャッキアップ
・ブレーキキャリパーを外す
・メーターケーブルを外す
・タイヤを外す
・フェンダーを外す


を行い、最初にフォークのトップボルトを、手で回せるくらいに緩めます。
d0229598_16135797.jpg


そしてフォークマウントボルトを緩めてフォークをスルスルと抜きます。
フォークを真っ直ぐにして、蓋を回して外します。この時、スプリングのテンションで飛び出さないように上から押さえながら。
d0229598_16145111.jpg


スプリングを抜きます。結構長〜いです。
d0229598_16151196.jpg


WPの長い不等間隔のスプリングです。ノーマルのようなスペーサーはありません。
プリロード調整付きの蓋とスプリングの間にワッシャが1枚入っているので無くさないように注意。
d0229598_16154316.jpg


スプリングを抜いたらオイルを抜きます。逆さにしても何も落ちてこないのでご安心を。
結構黒くなってます。。。ワインディングでは酷使しましたので。。。
d0229598_16164076.jpg


フォークを伸縮させて、奥にあるオイルもシュコシュコ抜き出します。そして完全に抜けきるまでこの状態で数分放置です。
d0229598_1617328.jpg


左右で奥の方の廃油の色が違います。。。なんでしょうこれは。。。わからん。
d0229598_16172717.jpg


完全に抜けきったら、新しいオイルを入れます。ボンネビルの(WPスプリング使用の場合?)フォークオイル容量は450ml/本です。メスシリンダーで少し多めの500mlを計量して、気泡が立たないように斜めにゆっくり、ビールを注ぐ容量で入れます。ボトルからメスシリンダーに入れる時も同様です。この時、フォークはフルボトム(最圧縮状態)にしておきます。
d0229598_16181864.jpg


オイルを入れ終わったら、ゆっくりフォークを伸縮させて、ポコポコと音を鳴らしながら底の方までオイルが行き渡るようにします。インナーチューブの中を覗くと、エアが上がってくるのが見えるので、そのポコポコが落ち着くまで待ちます。

オイルレベルゲージの目盛を油面130mmにセットして。。。
d0229598_1620418.jpg


フォークへ突っ込み余分なオイルをポンプで抜き取ります。この時もフォークはフルボトム(最圧縮状態)にしておきます。
d0229598_16211687.jpg


このステンレスの目盛棒がチューブになっていて、これでオイルを吸い上げ終わったら油面が130mmになっているという便利グッズ。なんてステキなんでしょ。


油面調整が終わったら、次にスプリングを入れます。向きに注意。
これも気泡が立たないように、ゆっくりと沈めます。
d0229598_16222658.jpg


スプリングを入れたら、インナーチューブを伸ばして蓋をします。
蓋(トップボルト)はグッと締まるくらいに仮留めしておきます。
d0229598_16231059.jpg


フォークブーツが外れているついでに、インナーチューブを磨いてゾイルのラバー対応グリスを塗っておきました。
d0229598_16235721.jpg


フォークを車体に戻して、規定トルクで締め込みます。
d0229598_16244463.jpg


トップボルトを本締めして・・・
d0229598_16251727.jpg


完成!
d0229598_16261370.jpg


ノーマルスプリングの場合でも、スプリングのパーツ構成が違いますが、やり方は基本的に同じです。油面はノーマルの場合は120mmだったけな。。。忘れた。

ボトルのオイル残量をチェック。
フォークオイル1Lボトルを900ml使用しました。
d0229598_16264443.jpg

ノースウィングJCさんに教えてもらった通り、WPの場合は使用したオイルは油面130mmでジャスト450ml/本でした。こういう数字が情報と完全一致すると、なんだかすごく安心するというか、当たり前かもしれないけど、その情報の正確さに仕事の丁寧さを感じます。

追記:実走レポ
プリロード調整最弱で、あきらかに以前の#10よりも「柔軟」なのが体感できました。(オイルが新しくなったからかも?)低中速域の街乗りではギャップ毎にスプリングが素直に良く動き、ショックを和らげてくれて乗り心地は素晴らしいです。でも首都高などそれなりの高速コーナーになると、やはり踏ん張りが甘くなり、フワフワしすぎる。なのでプリロードを1回転締めてみたら、そこが普段使いではベストな感じ。切り返しの多いワインディングなどでは、もう半回転ほど締めてもいいかも。以前の#10使用時より調整幅が広がりました。

これで、ボンネを手にれて20,000キロの「足腰リフレッシュ・メニュー」は、先日のステムベアリング交換、Fホイールベアリング交換、ドライブチェーン交換に続き、残すはリアスプロケット交換とリアホイールのベアリング交換となりました。イギリス・ノーマンハイドからスプロケが届いたら、まとめてやっちゃいます。

辺りはまだまだ小雨なので、試乗もできずに磨きの時間です。
普段は、なかなか手の届かないリアホイールのハブ周りや。。。。
d0229598_16281086.jpg


先日交換したばかりのチェーンを掃除して無駄なくグリースアップ。
d0229598_16283376.jpg


クラッチワイヤーにも5000kmぶりに注油。
d0229598_1629885.jpg


ボンネに乗れなかったここ数週間、車体カバーを掛けっぱなしにしていました。
その間晴れ湿気をカバーの中で繰り返し、金属パーツのあちこちに錆やカビの予備軍であるクスミが出始めました。
そうなったらマメに掃除して磨いておかないと、どんどん後戻りできない錆となっていきます。チェーンもそのひとつ。機械も人間と同じで、定期的な日光浴が必要ですね。

僕のボンネはもうすぐ30000キロを迎えます。
僕が昨年3月12日にボンネビルオーナーになってからは、ちょうど1年/20,000キロ走行となりました。

d0229598_21131483.jpg



購入時の喜びよりも、もっとワクワクするバイクになってます。

ボンネちゃん、これからもよろしくね。

d0229598_21141166.jpg


Information
ボンネビル「はじめましてdeツーリング 春編!」開催についてはこちら!

d0229598_16421033.png



Twitter ID Bonne38

★カスタム過去記事はこちら!
★メンテナンス過去記事はこちら!
★その他記事はメニューカテゴリーから!

■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


トライアンフ・オーナーブログがいっぱい。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



バイク用品&インプレッションウェビック

[PR]
by motor-moto | 2012-03-18 16:44 | Bonnieメンテナンス | Comments(11)
Commented by とらきち at 2012-03-18 19:51 x
おいらもフォークブーツ手に入れたんで今日
オイル交換もしちゃいました♪ 
WPのオイルは緑なんですね

自分のオイルはあまり汚れてなかったんで
がっかり(^・^)してます
点検の履歴が無いんで一応一通り手を入れました・
ノーマルのバネは短くカラーが入っていました
車重も重いんで固めの設定な感じです
もう少し動いて欲しいのでバネ換えてみるのも
いいかもしれませんね・
 
Commented by motor-moto at 2012-03-18 20:01
とらきちさんのボンネは、いつもしっかりメンテされてますね。必要なところを必要なだけ。流石です。とりあえず一通りやっておく、って大事ですね。そこからは自分のバイクとして安心して扱えますね。

Fスプリングの交換はオススメです。リア加重で曲がるボンネですが、リア加重時に浮いてくるフロントタイヤの接地感も向上し、その安心感はリアサス交換よりも体感効果が大きいです。
Commented by EFI乗りのとし at 2012-03-18 20:13 x
フォークオイル交換記事ありがとうございます。
何となく私でも出来るかも(本当は難しそうですが・・・)と思えて楽しかったです。
わたしも何時かはNWJCのWPフォークスプリング入れたいと思っています。 走行中ステップに立ち上がって上下に車体を揺らすと、フロントフォークがリアショックに対して動かないのが解ります。 当然ハードブレーキ時には前輪荷重となるのでこのような設定なのでしょうが、出来ればノーマルも可変ピッチスプリングなら良いのにな~と思います。

今年の秋口には、私も岐阜に行きたいな―なんて思う今日この頃です。
Commented by motor-moto at 2012-03-18 20:58
EFI乗りのとしさん、できますできます。工具だけ揃えば、メンテはうんちく技術よりも、やっぱり気持ちですから!
Commented by はる at 2012-03-18 22:26 x
はじめまして。いつも更新を楽しみに勉強させてもらっています。
イグニッションコイルについてお聞きしたいのですが、ノロジーのコイルとプラグコードはどのように接続すればいいのでしょうか?コイルを購入したものの平型端子は付属されてましたが接続方法がわからずで。無知ですみませんがよろしくお願いいたします。
Commented by motor-moto at 2012-03-18 22:51
はるさん、はじめまして。
ノロジーのコイルですが、購入されたモノはボンネビル用ですか?
ボンネビル用であれば、端子を使わず今までのコードがすんなり付くはずですが。。。
ボンネビルの純正プラグコードの"コイル側"端子は、平型ではなく丸型の(雌)です。
よって、ボンネ純正のプラグコードもしくはボンネ用に設計されたプラグコードを使用される場合は、コイル本体の端子(雄)も丸型の同サイズである必要があります。ハーレー用などは少し太めです。
コイル本体の端子が平型の(雄)であれば、付属している平型端子は、おそらく既製品のシリコンプラグコードなどに填めて使用するためのモノかと思います。平型の反対側はプラグコードを挟む感じで丸いですか?
であれば、既製品のシリコンプラグコード+プラグキャップを購入する必要があるのでは?と思います。
説明不足でしたらゴメンナサイ。文章ではなんとも伝わりずらいかも。。。でもプラグコードを平型でコイルに接続ってあまり聞かないですが。。。。
Commented by はる at 2012-03-18 23:17 x
早々のご返答ありがとうございます。説明不足で申し訳ありません。2001年式のボンネビルに乗っていまして購入した物もボンネビル用です。過去に修理に出した際にコイルが良くないからとの事でなに用かも分からない中古のコイルとコードに変わって戻って来まして、純正がどのようについていたかも把握してないんです。
購入した物のコード側は丸型で付属の平型の反対側はかしめる感じではなくただの丸になってます。
うまく説明できずすみません。
Commented by motor-moto at 2012-03-18 23:36
はるさん、現物見ないとなんとも言えませんが。。。コイルとプラグコードは、単に端子で差し込んであるだけですので、現在のプラグコードをコイルからスポットひっこ抜いて、コイルをノロジーにして、またプラグコードを差し込むだけです。他メーカのコイルも基本的には同じ構造です。でも修理の際にプラグコードも別物に変わっているのなら、やはりプラグコードのコイル側をノロジーに合うような端子にする必要があるのですが、その端子が付属のモノなのではないんですかね? 付属品なのだから、コイル本体の端子と、その付属の端子の丸い部分は差し込み合うようになってますよね?
Commented by はる at 2012-03-18 23:44 x
コイルの端子と付属の丸型の方は径が同じぐらいで填まらずに当たる感じです。質問するにも勉強不足なのに丁寧にお答え頂きありがとうございます。ツーリングにもいつか参加したいと思いますのでその際はよろしくお願いします。
Commented by motor-moto at 2012-03-18 23:57
はるさん、端子はコイルにグッと手応えがあるくらい、強めにはめ込む感じです。端子の山が噛み合うと、そこで入れ込みは止まります。平型の方が、おそらくプラグコードに差し込むものかと思います。でもハンダづけやコイル線の露出などいわゆる加工が必要になるので、経験が無い場合は少し大変かもです。
提案ですが、コイルがノロジーになったついでに、プラグコード〜キャップをボンネビル用のアフターパーツにすればコイルにはポン付けですよw どっちにしてもプラグコードもシリコンくらいにしないとノロジーの効果は発揮されませんし。

参考までに僕のはこれです。ボンネ用なのでポンづけです。
http://www.newbonneville.com/html/ngk_ignition_wires.html

是非、いつかツーリングでもお会いしましょうね。
そしていつでも質問コメントください。僕に解ることはお答えしますので!
Commented by はる at 2012-03-19 00:03 x
ありがとうございます。コイルと一緒に購入すれば良かったですね。。今後の更新も楽しみにしてます。
<< クラッチカスタム/ライトクラッ... 3/24はじめましてdeツー/... >>