ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
ホイールリムのクリーニング
ボンネビルのスポークホイールはクロームメッキです。
クロームメッキは放っておくと浮き錆が出て白い斑点上になったり、ブレーキダストやチェーンオイルなどの汚れが固まって、そのうちコンパウンド磨き程度では元の輝きは戻らなくなる。

僕のボンネビルも、リムはしょっちゅう磨いていても、スポークの根元(ニップル)やスポーク同士がクロスしている部分などはあまり手を入れていなかったので結構汚れていました。

それらの汚れはクリーム状のコンパウンドではスムーズには落ちません。
そこで、少し荒技ですが、頑固な汚れに「真鍮金ブラシ」を使いました。
プラグの磨きなどで使っている、お馴染みのこちらですね。
d0229598_010476.png

プラグ用に使うような目の細かい真鍮ブラシであれば、頑丈なクロームメッキ塗装は小傷どころかビクともしません(でした・・・)
特になにも磨き粉はつけず、黒ずんでいたりブツブツが出ている所を歯磨きの要領で直接磨きます。布では届かないスポーク根元、交差部分、思い切ってゴシゴシします!面積の広いリムもゴシゴシします!
黒ずみが取れてきたら、布で軽く磨いてあげます。

ほら、黒かったニップルも、その根元もキレイになった!

d0229598_21174465.png


メッキって強いですねー。ほんとはリューターとかでバフがけした方が良いのかな?でも今のところ、僕はパニアケースのメッキ枠も、裏側とかの錆を真鍮ブラシで磨き、最後にコンパウンドで磨いています。錆は簡単には落ちないからね。

足下がキレイだと、気分が良い。
今日はこんなことに、近所の畑のど真ん中で2時間ほど没頭していました。
d0229598_2127581.png

d0229598_21281852.png



■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


クリック!ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-10-23 21:32 | Bonnieメンテナンス
<< ボンネビル対応のメンテスタンド 続・ボンネビル・パーツレポ その3 >>