ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
トップケースを装着
今朝、出勤前にワンオフキャリアにキジマのトップケースを装着した。

まずケース裏面にブラケット用に穴を空ける。
マスキングテープで中心をとり、予めキャリアに合わせ計測した位置に穴空け。
d0229598_18442814.png


で、ブラケットを取付けて、車体へドッキング。
まずは写真で。(1枚目だけiPhoneなんで変な色)
d0229598_18484283.png

d0229598_18514197.png

d0229598_1854145.png

d0229598_18581259.png


装着位置は、さんざん悩み調整し、トップケースの後方面とリアのナンバープレートの傾斜ラインが平行になるように合わせた。
正直、「これって普通はどっちが前?」って悩んだ。鍵が付いている方が前かな?とも思ったけど、使い勝手からパニアと開口位置を合わせることにしました。

:取付ブラケット部分
ブラケットはハンドルクランプ式のドリンクホルダーの部品を4つ用意して流用。
d0229598_190371.png

トップケースが不要な時にはキャリアのみになるように、ブラケットをトップケース底面に固定。トップケース(withブラケット)はヘックス4本でキャリアから脱着できるようにした。

このブラケットと、FRP樹脂のトップケースとの接点が小さいと、加重によるFRPの破損を招く恐れがあるので、買っておいたステーを使ってトップケースの裏と表の両面をサンドイッチ。これで接点が安定し、広い範囲で固定していることになる。


トップケースの中はこんな感じ。ワイヤーでストッパーを作成した。
iPadとタバコで大きさ、深さがわかりますでしょうか。
d0229598_1945512.png


豪快に空いた3枚の蓋。
d0229598_1974063.png


トリプル・ドム(黒い三連星)のジェットストリームアタックだな。。。
↑これ解るひと、同世代(笑)ボンネが250km出れば、離陸しそうです。

ケースの脱着は5分くらいで完了する。
でもせっかく付けたので、しばらくこのまま乗ってみよう。

このキジマ製のトップケース(商品名は無線ボックス)は、かなり厚めのFRPでキーシリンダーも頑丈な作り。ガッチリしています。デザインも巷の現代的な丸っこいモノではなく、クラシカルなシャープな作りなのでボンネビルみたいなバイクにも収まりが良く感じます。

本格的に、ツアラー仕様のボンネビルになってきた。
旅に出なくては!


■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-10-07 19:09 | Bonnieカスタム
<< ボンネ整備の実戦教材 ワンオフ キャリアが完成 >>