ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
キャリアをワンオフ その3ハンダと塗装
先日のボンネビル用トップケース・キャリア・ワンオフ作戦の続きです。

思っていたより大変。。。で時間もかかってまっす。
前回組み上げたフレームのボルト止め部分とフレームの隙間に、防水&強度アップのためにハンダを流します。

この部分です。裏表、脚の切断面など合わせ、全部で14箇所。
d0229598_17534046.jpg


ハンダごての登場です。板金用大容量。ホムセンで1980円。
ハンダなんて、中学生以来じゃなかろうか。。。
d0229598_17554911.jpg


作業後。意外に溶接っぽい?
d0229598_17591565.jpg

d0229598_1813870.jpg

d0229598_18141387.jpg



そして上部2箇所に補強のスタビライザーを追加しようかと思いましたが、トップケース装着の自由度が減るので、真ん中に1本だけスタビライザーを追加することにしました。中空パイプをフレームのRに合わせて削って、あてます。
d0229598_184438.jpg

d0229598_1852623.jpg

位置はこんな感じに。これも同じくハンダづけしました。
d0229598_1865768.jpg


ハンダで完全に埋まったのか不安のあるミクロの隙間は、板金パテを微量詰めて埋めました。
このハンダ作業後、かなり頑丈な骨組みになりました。両サイド2本がボルト止めなので、中央のスタビも合わせ、加重をかけてもがっしりしています。

そして、ドリルでパニアケースのフレームに取り付ける為のボルト穴空け。取付の際に角度調整できるように楕円にしておく。ついでに水抜き穴も裏側に空ける。今回はドリルオイルを使ったらかなりスムーズに空いた。
d0229598_188236.jpg

d0229598_189401.jpg


と、ここまでが昨日のうちに、だましだまし時間を作りやった作業。


次はいよいよ塗装です。
天気予報を見たら、明日から2日間、雨予報!ん〜〜〜〜。。

今日のうちに塗ってしまいたい。。。。現在午後4時。。。
仕事の原稿を切り上げ、塗装作業に入ります(笑)

500番くらいのペーパーでキャリア全体を足付けし、お馴染みの2液ウレタンでスプレーします。もう夕暮れですが、ウレタン塗装には絶好の天気と気温です。

10分おきに、何度も厚めに塗り重ねます。スプレー1本使いきりました。

塗装後。
ハンダしたスタビライザー部分も塗装を重ねると丸みが出てキレイになります。
d0229598_18172178.jpg

d0229598_18191560.jpg


これで72時間の完全硬化を待ちます。(耐えられないので48時間にしときます:-)
d0229598_1821118.jpg


そうこうしていたら、このキャリアに載せるトップケースが届きました。
d0229598_18241151.jpg

これはキジマのFRP製で、なかなか出回らないモデル。ほんとはホワイトしかないのですが、前オーナーがプロに頼んで新品をハーレー用のビビットブラックにペイント済みで、なんと未使用の新品。

ケースの定価が 29000円ほどで、ペイント代がいくらかかったか知らないが、オークションの落札額は8000円でした。偶然にもブラックで、とってもラッキー。サイズも全長が僕のパニアケースと全く同じ40cm。2泊3日分くらいなら入ります。

このケースの詳細はこちら。キジマ無線ボックス。


これでキャリアが乾燥すれば、いよいよ装着です。
ケースとキャリアの合体方法は、ヘプコ&なにがしのケースのごとく、持ち歩き可能な簡単に脱着可能なものにします。そのシステムをいろいろ検討し。。。。

これ、ハンドルクランプ式のドリンクホルダー。750円。
d0229598_18343927.jpg

4つ用意して、この部分だけ、いただきます。
d0229598_18365025.jpg


はて、うまくいくか。。。。
ブラケットについてはちょいと自信がない。。。

追加購入

ハンダごて:1980円
ハンダ  :400円
ドリンクホルダー4つ:3000円


キャリアの製作予算、1万円を少しオーバーしちゃうかも。。




■MYボンネビルカスタム・全リストはこちら■


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-10-04 18:48 | Bonnieカスタム | Comments(10)
Commented by silva at 2011-10-04 21:42 x
完成が楽しみですね。
トップケースもパニアと相性バッチリな感じでカッコイイです。
motoさんはまるで図画工作の授業に夢中になる子供のようです(笑


Commented by turtle at 2011-10-04 22:00 x
いよいよ、大詰めですね。
それにしても、2液ウレタンスプレーの威力はなかなかですね。わたしも今後使いたいと思います。
さて、次回はいよいよ、トップキャリア最終回となりますか?
Commented by motor-moto at 2011-10-04 22:09
silvaさん、まさに子供でございます(笑)実際、小学生のころ成績が良かったのは図画工作だけでした。他は。。。。
Commented by motor-moto at 2011-10-04 22:13
turtleさん、2液ウレタンは、うまくいけばとても深い艶のある塗料ですね。でも使い方が結構シビアで、間違えるとかなりやっかいです。そしてキャリアとしての「擦れ」に耐えられるかどうかは微妙ですね。。。本来はパウダーコートですからね。次回、最終回にしたいですね!
Commented by INATOMO at 2011-10-04 23:37 x
今度メーター部分を2液ウレタンで塗装しようと思っているんですが、素人では難しいですか?Blog見てるとかなり簡単に塗装されている気がしてしまって・・・
別件で質問ですが、過去のNGKプラグコードの取替でイグナイター側のコネクタ部分は独自で調達されたんですか?プラグコードがあまりにも古くて交換しようと思ったのですが・・・
Commented by motor-moto at 2011-10-05 00:50
INAMOTOさん、こんばんは!僕も素人です!(笑)
ウレタンですが、パーツが無垢なら簡単です。下塗でラッカーを吹いて、その上からウレタン吹くと下が硬化しないままウレタンが乾き中がグニュグニュみたいになったりします。逆にウレタンの上にラッカークリアとかダメです。ウレタンは化学反応で硬化させる塗料なので、他の塗料と一緒に使うのは好ましくありません。メーカー純正のように完璧に乾燥していれば、大丈夫だと思いますが。本当は同じウレタンで下塗りしたほうがベストでしょうが、僕はなにもしてません。ペーパーで足付けだけして、好みのカラーを塗ってクリアも塗りませんでした。今のとこ大丈夫。注意点は、ある程度まで10分おきで少しずつ重ね塗りすること。塗装面に密着性が出てきたら、最後に「タレる手前」くらい厚塗りします。(厚くなりすぎるとタレますよ)この「タレる1歩手前」がウレタンの光沢のキーポイントです。でも無理しないでも光沢はある程度出ます。ただし、ウレタンは塗装が硬いので「やり直し」ができない覚悟で!
NGKはNewBonnevilleで購入しました。先っぽは着いてました。
http://www.newbonneville.com/html/ngk_ignition_wires.html
Commented by INATOMO at 2011-10-05 01:25 x
早速の回答ありがとうございます!!
仕事の延長で黒クロームを依頼しようかと思ったんですが、今回は見習って頑張ってみます!!ユーロ安でハーモニカエンブレムも格安で手に入って、俄然カスタムに火がついてきました(苦笑)
やはりそうだったんですね・・・ナップ◯に返却して、NBから購入に切り替えるかなぁ。情報ありがとうございます!!
Commented by turtle at 2011-10-05 12:36 x
motor-motoさん、キジマのトップケースちょっとネットで探してみましたが、見つけることができませんでした。スタイリッシュな感じでいいですよね。もう廃盤の商品でしょうか?
Commented by motor-moto at 2011-10-05 13:18
turtleさん、このリアボックスへのリンクを上の本文中に貼っておきました。ご覧になってみてください!ここに書いてあるサイズは内径のサイズみたいですね。外径はもう一回り大きいです。あまりみかけないモデルですね。在庫あるのかどうか。
Commented by turtle at 2011-10-05 16:03 x
motor-motoさん、ありました。あたりまえですけど、ほんと真っ白ですね。やっぱり黒がいいですね。
<< トップケースの準備 バイク小僧その昔 >>