ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
ノーマンハイド・センタースタンド取付
朝早起きして、雨が降る前にと、昨晩に英国ノーマンハイド社より届いた同社製センタースタンド(Bonneville/T100 -to 08用)を取り付けました。

価格 99ポンド = 約12500円。送料4500円ほど。

では作業過程を順に。

まずモノはこちら。
トライアンフ純正オプションとはデザインそのものが若干違います。
d0229598_10535572.jpg

付属品は、本体・スプリングシステム1・ボルト2本、カラー2・ナット2。
塗装はブラックのパウダーコート。とっても綺麗です。

お馴染み、ノーマンハイドの説明書。これで付けろというのだから不親切きわまりない。
d0229598_10563678.jpg

でもまあ、構造は単純なので問題ナシ。


取付ポイントはここ。
両サイドに飛び出しているブラケット部分に取り付ける。
このブラケットの外側でも内側でもなく、左右非対称で右寄せで取り付けます。
d0229598_11442893.jpg

まず最初にスプリングをブラケット上部の穴へインストールして垂れ下げておきます。
写真取り忘れ。

そして付属のゴムストッパーをサイレンサーの空いている穴へ装着(左側のほう)
※右側はサイドスタンド用のストッパー。
d0229598_1184762.jpg

そしてスタンド本体を仮留め。左右非対称。
d0229598_1131688.jpg


先にフレームに取り付けた超硬いスプリングをスタンド側の穴に引っかけます。
これが結構パワーがいる。
d0229598_11102633.jpg


この距離を引っ張らなきゃいけない。(まず素手じゃ無理っす)
ひっかけやすいようにフック部分を少し開いておきます。
d0229598_11121451.jpg


何で引っ張ろうかと思い、工具箱を漁り色々試す。
d0229598_11162451.jpg

昔ミニクーパーのサスペンションセッティングでで使っていたレンチを使って、力の限り引っ張る!で、やっと届いた。
d0229598_11171714.jpg

フックの曲がりを絞ります。
d0229598_11183153.jpg


ボルトを増し締めして、完成!
d0229598_11202461.jpg


収納時の上がり具合はサイレンサーのストッパーのボルトで調整できます。これよりもう少し上がります。

で、本題の「立てられるか?」

僕のボンネビルはアエラのサスペンションによってノーマルの340mmから330mmほどになっているため、最低地上高が若干低い。なのでセンタースタンドの初期傾斜角度が浅い。。。
つまり、ノーマル車両よりも余計にストロークがあり、持ち上げる力が必要だということ。

おら!と4回ほど叫びます。
d0229598_11244232.jpg


上がりました。思っていたよりは無事に。。。(でも超重かったけど)
やはりノースウィングJCさんがリリースしているアシストグリップを付けた方が楽かも。

で、リアタイヤの上がり具合はというと。。。
ノーマンハイドのセンタースタンドは、リアタイヤが接地したままという噂をあちこちで聞きます。僕のボンネビルでのタイヤ/地面のクリアランス。
d0229598_11265473.jpg

かろうじて、ちゃんと上がってます。というのも、前述したようにサスで最低地上高が下がっているからかもしれません。ノーマル長の340mmだと、かなりギリギリかも?

あとはチェーンの張り具合などでリアを引っ張っている場合は、ホイールベースにも若干変化が出るので、2cm後方に引っ張れば5mm以上は車高が上がると思われ。僕のボンネビルはチェーンアジャスタをあまり引っ張っていないので。

でもこのメーカー純正品のカタログ写真では、ガッツリリアタイヤ接地してますぞ。
なんですかこれは??
d0229598_23355075.jpg

この写真、サイレンサーの形状からするとボンネじゃないね・・・。
スラクストン?アメリカ?


足かけ部分はサイレンサーのRに沿ってを綺麗に避けてます。
d0229598_11373899.jpg

これでリアホイール、チェーンのメンテも楽ちん。他にもバイクが水平になっているといないとでは、整備のやりやすさに違いは沢山出ますね。今までは磨き等もどうしても右側びいきになっていたし。

それともう一つ。オマケでこれ付けました。
d0229598_11342613.jpg

同じくノーマンハイドより同封してもらった純正より少し小さいホーン。
d0229598_11354191.jpg

間もなくフォークブーツも入れるので、フロントがブラック三昧。
d0229598_11362722.jpg


今回のセンタースタンド取付に使った工具はこちら。
d0229598_11383224.jpg

ヘックス・17スパナ・13スパナ・17ラチェット・他。

心配だったバンク角は、エンジンガードとの位置関係で見ると大丈夫そう。
おそらくエンジンガードが先に擦るような高さにあります。
ま、走ってみないとわからないけど。


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
by motor-moto | 2011-07-31 11:49 | Bonnieカスタム | Comments(5)
Commented by roadmanbo at 2011-07-31 14:27 x
おはようございます。早速の装着、お疲れ様です。バッチリですね。ブラックのホーンも!しかし、ノーマンハイドの「説明書」は、毎度、唖然としますね。motor-motoさんの記事は、いつも参考にさせていただいています。販促効果もあるのでは?(笑)。
Commented by motor-moto at 2011-07-31 14:41
roadmanboさんおはようございます。ホーンはroadomanboさんの「ついでに」を真似しました(笑)
販促効果あったら嬉しいですね。マージン50%くらいで(笑)
Commented by ケビン at 2011-11-12 05:01 x
motoさん

なるほど!! これなんでね   
早速、拝見させてもらいました。

純正のほうは、リアタイアが接地する可能性がありますね!
ならば僕もノーマンハイド製のセンタースタンドを装着しようと思います。


販促効果・・・確かにあります^^
僕がその中の1人になりそうです・・・・笑


非常に参考になりました
ありがとうございました  



Commented by motor-moto at 2011-11-12 08:33
ケビンさん、スタンドは、ノーマンハイドの方が、純正品より1cm短く作られているので、地面に接地する確率が高いですよ。車体個体差との相性によると思いますが、純正品なら接地はしないと思います。写真はおそらくスラクストンかボンネビルSEかと思います。
Commented by ケビン at 2011-11-12 17:04 x
そうでしたか^^

やっぱり純正品を選んだほうが無難ですかね。。。
1cmは意外と大きいかもしれませんね

わかりました情報ありがとうございます

ケビン
<< センタースタンド・インプレ? パーツお取り寄せ >>