ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
アジャスタブル・Fブレーキレバー
取付を忘れていたアイテムを発見。
前にフロントスプロケットと同時輸入したアジャスタブルブレーキレバー。
国内でもカワサキ・ゼファー用とかが流用できるらしい。

変えたのがこれ。アジャスタブルで位置を調整可能。
セットポジションを5番で一番近づけた。
d0229598_222224.jpg

半透明がおおよそでノーマル位置でアジャスタブルの一番遠いセットポジション1。
これだけでかなり違う。

僕はグローブもLサイズかLLサイズで手も大きいし指も長いのだが、なぜかノーマルのレバーは少し握りがしっくりこなかった。
ラジアルマスターのレバーになれている所為か、長めのストロークで握ってギューっと効いてくるレバーアクションが好き。

それに比べてノーマルのレバーは初期タッチの感覚から握力で停止まで行く感じ。ポジションも第一関節が完全にレバーにかかっていなかったので、指先の力任せで止めているのが少々気になっていた。グローブが皮じゃなくてナイロンだったら滑って尚更レバーアクションが辛くなる。
折角パッドをシンタードに変えたので、レバーアクションも好みにしたい。

待機ポジション
d0229598_2213226.jpg


フルアクション
d0229598_22133982.jpg

このレバーポジション変更のおかげで、ブレーキアクションの為にアクセルから手を前に移動することなく、初期制動開始から中指と人差し指でしっかレバーをつかみ、後半まで中指と人差し指の第一関節から第2関節ですっぽり握り込んで、指先だけのつっぱった握力ではなく、力量に余裕のある状態でレバーテンションでコントロールしている感じ。

国産でもなんでもいいけど、ブレーキチューンにはお奨めアイテム。値段も1500円〜3000円前後とお買い得。

アジャスタブルは5段階。1が遠く5が近い。僕は5(写真)にしている。フルブレーキで握りこむと、ブレンボマスターのようにギリギリまで握り込んでコントロール。

パワーレバーのように見た目をデジタルにせず、アナログな外観のままチューンアップするには最適です。



[PR]
by motor-moto | 2011-05-13 22:24 | Bonnieカスタム | Comments(0)
<< 最速の女 ライザー衝動買い >>