ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
ライドポジション再考
僕は身長が177cmほどである。
ボンネビルの足つきについては余裕なのだが、ノーマルシートの形状から素直にシートに座ると、シートの傾斜上どうしても前の方に座ることになる。意識して後ろに座っても、いつの間にか前にきてしまう。
すると膝が下がってニーグリップポイントがヘッドカバーになってしまう。
今はまだ許せるが、夏はやけどしてしまう。。。
そして全体的な姿勢もこのままではどうも違和感がある。
そこで、下記の図のように、座りのポジションをもう10cmほど後ろへ持っていきたいと思う。
黄色は現在のポジション。青色は理想のポジション。

d0229598_015518.jpg


ということで、青色の部分でお尻が落ち着くように、シートのアンコ抜き(というより重心変更)にチャレンジ。

で、用意したグッズ。
d0229598_0175488.jpg


■アラカン(スポンジを削るためのもの)
■ガンタッカー(最後にシート表革をシートベースに固定する巨大ホチキス)
■ペーパーホルダー(スポンジ削りの仕上げ用)

シートを外した写真とか撮り忘れた。。
ホチキスで止まっている表革をはずし、スポンジに被されている防水用ビニールを外す。
今回は純正シートのタックロール前から4列目あたりを重点的に削る。目標は、

1.座面を平坦にすることを目指す。
2.ブレーキングで前にずれない様にフロント部分はストッパーとして残す。
3.不自然に凹まないよう、座面より後ろは全体的に薄くする。
4.オリジナルのシルエットは限りなく残す。

である。

で、むき出しになったスポンジをアラカンで狙った形状に削る、削る、削る。

d0229598_0261351.jpg


およその形状が仕上がってきたら、なめらかにするべくペーパーで根気よく仕上げる。

d0229598_0282066.jpg


キレイになったら外した順序を遡って、ガンタッカーで表革を打ち込む。
この時注意は前端と後ろ端を先に打ち込み、次にアンコ抜きによって弛んだ部分を引っ張って打ち込む。それで全体を均等に打ち込んでいく。(自己流)
完成。なかなか良くできたかも。でも写真撮ってない。。。

明日、実写に装着してシルエット&試乗確認だ。

クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村


[PR]
by motor-moto | 2011-03-23 00:34 | Bonnieカスタム | Comments(0)
<< ライドポジション再考 その2 ボンネビル:カスタムリスト(都... >>