ブログトップ
38歳からのトライアンフ・ボンネビル
bonne38.exblog.jp
ノーマンハイド・バックステップ--その2---
先日英国より届いたノーマンハイドのバックステップをボンネビルに装着した。
取り付けは構造が単純なので簡単だったが、それよりもノーマルステップASSYの取り外しの方が大変だった。工具がなかなか思い通りの場所に届かないのだ。エキパイを外せばある程度スムースなのだが、ガスケットの交換やら課題が増えるのでそのままで無理矢理作業した。

まずは右側、リアブレーキ側のステップ。

d0229598_334582.jpg


装着後の構図。ノーマルのマスターシリンダーの角度を変えなくてはいけないため、写真中央のブラケット(キット付属)を使用する。ノーマルは画像向かって右下がりの角度で付いているのを、バックステップに合わせ左下がりに変更する。ブレーキホースはそのままで問題無い。
ただ、このブラケットのネジ穴がドンピシャではなく、かなり無理矢理押し込んでボルト締めを行った。
そしてリザーバータンクのホースがマスターシリンダーの角度を変えたことによって前方に引っ張られ、かなりテンションがかかる。まあ支障のない範囲としてそのままにした。

これで、サイドカバーを付けると銀色のブラケットの最下部がカバーから露出するため、ボディとフレームの色に合わせてボルトと最下部だけをブラックにウレタン塗装した。(理想は全部塗りたいが、装着後に仮で塗ったので)そしてこのキットの付属ボルトは、そのままブラケットとフレームの取り付けに使用すると、長すぎてチェーンに干渉するのでマスターシリンダー側のボルトと入れ替えする。

d0229598_3103031.jpg


そして完成の図。

d0229598_311419.jpg

d0229598_0501996.jpg

マスターシリンダーのロッドが外側に斜めに膨らむようになり、フレーム干渉ギリギリ(1mm隙間)である。でもこれで良いらしい。
ノーマルに比べ、ブレーキの遊びというか(踏み込みストローク)が半減した。最初は固すぎて全くブレーキが効かなかったが、数キロ乗ると馴染んできた。画像のサイドカバー下のチェーンの上あたりにブラケットが露出するが、塗装したので目立たない。

次にチェンジペダル側。

d0229598_3133527.jpg


こちらはかなりスムーズに交換できた。
元々単純な取り付け方法なため、ノーマルを外すのは簡単だった。バックステップ取り付けも、巷のバイクのバックステップの取り付け方と大差ない。
こちらもノーマルに比べ若干ギアの遊びが多い印象を受ける。特に2速→1速間のシフトダウンがスコッと抜ける印象がある。これも慣れれば問題無い。ニュートラルもスムーズに入る。
角度は任意でアジャスタブルに可変できるので、お好みのペダルポジションを選択できる。
しかし、あまり↑方向に変えようとすると、ペダルの根本がボルトにあたるので要注意。
ちなみに逆シフト/GPスタイル(1up--4down)はギアボックスの膨らみがリンクにあたり不可。

両ステップを上から見た図。

d0229598_328788.jpg


ノーマルステップは、丁度このバックステップのブレーキ&チェンジペダルの位置あたりにフットレストがある。それなりに後退し、上がっている。

換装後のポジションについての感想は、見た目よりも「かなりタイトなポジション」と感じる。

ライダー乗車の写真はこちらの日記で。

他のスポーツバイクなどでも、社外品のレース用バックステップに慣れている人なら問題ないだろう。しかし、この手のバイクとしてはノーマルでもそれほど悪くないポジションなので、ステップを擦ってしまうようなライディングをしない限りは変える必要は無いように感じる。

ただ、僕の感想としては、こちらのステップの方がコーナーリング時の体重移動、外足の踏ん張りと安定感が明らかに良くなった。ステップがスイングアームの軸上になるべく近い事が理想だと思う。
ノーマルステップで交差点などで車体を倒しこむと、車体のど真ん中に重心があり、リアの駆動やグリップを感じ取ることができなかった。それが格段に解消された。
少々「ヤル気」なフォームにはベストな位置にあると感じた。

そして、そのままでは超チープなボルトが付属されていたので、このステップの全てのボルトを国産の高品質ステンレスボルト(ヘックス)に変えた。バイクのあらゆるネジをヘックスで統一することによって車載工具をシンプルにできる。

写真上が付属のボルト。下が国産ステンレス。
色の質さえ全然違う。水道管じゃないんだから。
d0229598_1942681.jpg


取付の図。ステップの色とも合ってます。
d0229598_1951121.jpg


それでもこのステップ、円高もあるが総合的にコストパフォーマンスは高いと思う。クラシカルなデザインもボンネビルの構成を崩さずに戦闘的ポジションを得られるので○。ただし、ハンドル位置及びハンドルタイプとの相性は、よりベストポジションを探る上で色々試す必要があるように思う。
取り付けは工具を使いこなせる人なら全く問題無いが、ブレーキユニットが関わってくるのでメカに不慣れな人はショップに依頼することをお薦めする。

今日はこのステップのインプレを兼ねてバイクで仕事に行った。
晴れていたので、ヘルメットは自称ワイルド7-ブラック-仕様のメットをチョイス。

d0229598_23334779.jpg



クリック! for ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村



[PR]
by motor-moto | 2011-03-21 03:49 | Bonnieカスタム
<< 2次エアカットとアフターファイヤー ノーマンハイド・バックステップ... >>